根性ないと煽られるゆとり世代でも活躍可能な未来的働き方

当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



「これだからゆとり世代は・・・」と、社会に出てからなにかとバカにされがちなゆとり世代。

 

あの言葉、腹立ちますよね〜。そう、僕もガッツリゆとり世代代表です!!

 

ゆとり世代の特徴とかを調べて思いましたが、「僕も割とゆとり世代の特徴に当てはまるところはあるな〜」ということ。ゆとり世代の考え方は、今の社会の働き方とは合っていない部分が多いと思います。

 

ただ、僕は自分に合った働き方を見つけることができたので、「働きづらさ」というストレスは感じていません。ゆとり世代に合った未来的働き方を僕から提示させていただきたいと思います。

 

ゆとり世代とは

ゆとり世代とはこのように定義付けされています。

ゆとり世代とは、ゆとり教育を受けていた、1987年生まれから1996年生まれまでの層を指す言葉です。その中でも、義務教育~高校~大学までが、すっぽりゆとり教育実施期間にあたる、1995年、1996年生まれは、よりゆとり教育の影響度が濃い層といえるでしょう。

ゆとり教育とは、子供が自分で考え、行動する力を付け、豊かな人間性を育む事を目的として実施された制度です。教育内容、授業時間の削減、絶対評価等を特徴とするゆとり教育ですが、計算力、読解力等の基礎学力の大幅な低下を引き起こした等の理由で、2011年には脱ゆとり教育へと移行しています。

 

「子供が自分で考え、行動する力を付け、豊かな人間性を育む事を目的として実施」という名目のもと実施されたゆとり教育ですが、結果としては「受動的人間が増えた」、「自分で考える力が弱まった」、「人に対する関心が低くなった」といった負の結果をもたらしたという見方が強いようです。

 

ゆとり世代はいつからいつまで?

ゆとり世代の範囲には明確な決まりがなく、諸説あるようですが、「1987年4月2日から2004年4月1日生まれ」というのが一般的です。僕は1992年なので、ガッツリゆとり世代の人間です。

 

バカにされがちなゆとり世代

「これだからゆとり世代は・・」。

ゆとり世代の方なら一度はこの言葉、聞いたことありませんか?僕は言われたことがありますが、あの言葉本当に腹が立ちますよね〜。

 

生まれる時代を選べるわけでもないのに、ちょっと相手の考え方に合わないことをしただけで、「ゆとり世代だから」っていう言葉でひとくくりにされる。あの言葉の破壊力ったらないと思います。

 

まあ、でも、ゆとり世代以前とゆとり世代の衝突は仕方がないのかもしれません。育ってきた環境がまったく違うわけですからね。ゆとり世代以前は「先生が生徒に手をあげるのは当たり前」というのは有名な話ですが、僕の学校ではそんなことは一度もありませんでしたからね。

 

目上の人に怒られた経験は、ゆとり世代以前の人に比べると圧倒的に少ないでしょう。だから、ゆとり世代の人が社会に出て目上の人に怒られたとき、「おい!なんでこいつこんなにキレてんだよ!!」と思い、腹を立て、衝突してしまうわけです。

 

対して、ゆとり世代以前の人はそんなことは当たり前だったわけで、「なんだこの軟弱者!メンタル弱すぎだろ!ゆとり◯ァック!!」と感じるのでしょう。

 

両者は育ってきた環境が違うので、そもそも文化が違います。同じ日本人といっても、育ってきた環境が違えば、考え方だって全然違います。なので、両者の衝突は決して避けらないというか、相容れないのは仕方がないことと言えます。

 

ゆとり世代の7つの特徴

こちらにゆとり世代の特徴としてよく言われるものをまとめておきました。確かに、僕も当てはまるものはありましたね。

 

精神的に弱い

教育課程で怒られた経験が少ないので、ちょっと怒られただけでメンタル的にやられてしまう人が多いそうです。「上司に怒られた翌日、精神的にやられ、翌日休んでしまった」という話もあるそうで、怒られ耐性が弱いのがゆとり世代の特徴の一つとなっているようです。

 

指示待ち人間

中には「自分に何かやってもらいたいことがあるなら、先輩・上司の方から自分の元にやってきて頼むべき」と思っている人もいるようで、「指示待ち人間」の人が多い傾向にあるそうです。自分が主体的に動く必要性を感じない、受動的な人間が多いみたいですね。

 

ネットの情報で片付けようとする

ゆとり世代は、小さい頃からPCや携帯電話が当たり前で、「ネットで調べる」ということが癖になっています。それ自体は悪いことではないですが、「ネットで調べて完結させる」という人もいるようで、上司からあった指示に対して検索したけれどわかりませんでした」と、答えた人もいるようです。これはさすがにクレイジー笑

 

すぐに結果を求めがち

ゆとり世代は、コツコツと努力を積み重ねたり、先が見えないことに対して継続するのが苦手だそうです。やっていることがすぐに報われないと、「本当にこのまま続けても大丈夫なのだろうか?」と、不安になってしまうそうで、途中で挫折してしまう人が多いようです。

 

プライベートを優先させがち

「俺はこの会社に骨をうずめる」という精神の人は少なく、どこか会社にはドライに感じている。会社の飲み会にもあまり参加せず、「それよりもプライベートが大事」というプライベート優先派の人が多いそうです。ちなみに僕もこれは該当しています。でも、これは別によくない??笑

 

合理的で無駄を嫌う

いやぁ〜〜、これもバッチリ当てはまるなぁ。ゆとり世代の人ってどこか「行き先が不安」と、感じている人が多いので、「将来役立つスキル」を磨くことに一生懸命になりがちです(これは僕もそう)。なので、「無駄なことはなるべくやらない」という合理的な思考に陥りがち(これは僕もそう)。一見、無駄なことに思えても、将来的に自分の成長につながることはあるので、それを見極める力を養わないといけないですね。

 

お金や物に対する意識が薄い

確かに「高級車ぶん回してー!!」とか「都内の一等地の高級マンション!」という人は僕の周りにはほとんどいないかもしれない。「お金はつかわずに貯金してる」属性の人が多い印象はありますね。

 

ゆとり世代におすすめしたい未来的働き方

僕もそうですが、ゆとり世代の人って今の会社の働き方とはマッチしていないように思えます。時代の流れとともに働き方を変えている会社もあるようですが、まだまだ少数派。「昔ながらの悪臭はびこる会社が蔓延している」というのが日本社会の現状でしょう(電通の件なんてまさにその典型でしょ)。

 

だったら我々ゆとり世代が取るべき賢い選択は、「自分に合った働き方を見つける」ということです。ほとんどの人は、大学を卒業後、「会社に就職」一点張りですが、今の時代、他にも様々な働き方があります。なので、その中から自分に合った働き方を見つけるのがベストだと僕は思います。

 

僕もそうです。僕は、「会社に就職することなく、自分の力でお金を稼いでいく」という道を選びました。なので、僕がやることにゴチャゴチャうるさく言ってくる上司はいないし、「自分がやりたいこと」をとことん極めていくことができています

 

一度切りの人生、どうせだったら自分が思うままに働いていきたくありませんか?少なくとも僕はそう思いました。今のあなたと同じように、他の人からこの働き方を聞かされたとき、「そんな働き方もあるのか。会社に就職一択なんて、どれだけ視野が狭かったんだ・・」と、思い知らされました。そして、僕は今の業界に飛び込んだわけです。

 

僕が実践しているのは「ブログアフィリエイト」というインターネットビジネスの一種。これこそゆとり世代に適した未来的働き方だと確信しています。

 

ブログアフィリエイトがゆとり世代に適した働き方と言える7つの理由

ブログアフィリエイトは、どう考えても我々ゆとり世代に適した働き方と言えます。ブログアフィリエイトがゆとり世代に適した働き方と言える7つの理由をこちらにまとめておきます。

 

1.ゆとり世代以前との衝突がない

ブログアフィリエイトは、PC1台あればどこでも一人で実践することができます。会社に所属する必要はなく、個人の力で十分な収益を上げることができます(僕は先月1,300万円という金額を稼ぐことができました)。なので、自分の価値観の合わない人と衝突することがありません。「仕事は一人で最高の環境で実践したい」という人には最適な働き方と言えますね。

 

2.インターネットビジネスはまだまだ伸びていく市場

インターネットは間違いなくまだまだ伸びていく市場です。それは「インターネットの広告費用が年々増加している」というデータからもわかることです。

ゆとり世代根性ない活躍未来働き方

出典:http://www.garbagenews.net/

 

まだまだテレビが強いですが、インターネットは右肩上がりに伸びていて、大手メディアの新聞を抜いて2番手に位置しているのがわかると思います。「将来が明るい仕事に携わりたい」と思っているなら、インターネットビジネスはかなり適していると思います。

 

3.自分のスキルを磨くことができる

ブログアフィリエイトは、言ってしまえば、「自分のスキルがそのまま収入に直結する仕事」です。なので、自分のスキルを磨かないと稼ぐことができません。「将来役立つスキルを磨いていきたい」と思っているのであれば、ブログアフィリエイトは非常にマッチした仕事になります。

 

4.すぐに結果が出る

もちろん簡単に結果が出るとは言いませんが、サラリーマンに比べると収益が伸びるのは圧倒的に速いです。速い人であれば、半年間で月収100万円を稼ぐことができている人もいます。月収100万円増といったら、年収に換算すると1,000万円ですからね。サラリーマンではありえないレベルの収入増が短期間で見込めます。

 

5.プライベートの時間を自由に確保できる

働き場所、時間、すべて自分で決めることができるので、「プライベートを優先したい」というゆとり世代の考え方に非常にマッチしています。僕も「旅行行きたいな〜」と、思ったときに3日間ほど急遽休みをとることもあり、割と自由に働いています。

 

6.インターネットに抵抗がない

幼いときからインターネットが身近にあったので、「ネットで情報を収集する」という能力に長けている人が多いと思います。その能力は、ブログアフィリエイトを実践するうえで、非常に強力な武器となります。それもあって、ゆとり世代の人にはブログアフィリエイトという働き方がおすすめだと思っています。

 

7.頑張ってお金を稼ぐ必要もない

インターネットビジネスの良いところは、「お金を稼ぎたい」という人は、それだけ頑張れば収入が伸びていくし、「そこまでお金を稼ぐことに興味はない」という人は、ある程度のラインでキープして、自分の時間を作ることを優先できる、と、お金の稼ぎ方を自分で選ぶことができるという点。「バリバリお金を稼ぐつもりはないから、ある程度自由な生き方をしたい」と、思っている人にとってはぴったりと言えます。

 

ブログアフィリエイトで稼いだ先に僕が手にした未来

僕は大学のうちにブログアフィリエイトに出会い、それで大きく稼ぐことができるようになりました。先月でいえば、1,300万円と、一流サラリーマンの年収を上回る金額を稼ぐことに成功しました。少し現実的ではない金額に感じてしまうので、「お前怪しすぎる!!」と、思った方もいるかもしれません。

 

でも、僕がやっていることは何一つ怪しいことはしていない真っ当なビジネスです。ビジネスの原理原則である「お客さんを集めて、価値を感じてくれる商品を提供した」、ただそれだけです。

 

インターネットビジネスの魅力は、ノーコストで実践することができるので、僕のような大学生でも簡単に参入できる点です。僕は、大学在学中にインターネットビジネスで稼ぐ力を身につけることができたので、「就職せずに自分の力だけで生きていく」という目標を叶えることができました

 

もともと「サラリーマンってなんだかなー」と、思っていたので、僕にとってはかなり大きな目標達成になりました。大学在学中になにもしていなかったら、そのまま会社に就職していて、きっと今頃「俺の人生これで終わりか・・」と、絶望の中を漂っていたと思います。

 

そういった未来を手にすることができて本当に嬉しいし、より多くの人にその可能性を感じて思っています。だって、僕の周りの人、みんな嫌々会社で働いていますもん。「もっと他の働き方があるのになぁ〜」と、いっつも思ってます。

 


この記事を「面白い!!」と思っていただけた方へ

今回の記事を読んで、「もっと話を聞きたい」って思っていただけた方は、下記の無料メルマガにご登録ください。

そちらではブログには書いていないようなさらに濃い話であったり、僕が実践しているインターネットビジネスに関する情報を発信しています。

また、今なら「社畜を脱却し自由な人生を謳歌するための7つの思考」という動画音声もプレゼントしているので、そちらもお受け取りください!

>>今すぐプレゼントを受け取る<<

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です