クリック率を最大限高めるアドセンス広告の位置

アドセンス広告クリック率位置
当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



ブログアフィリエイターの主なキャッシュポイントの一つである「アドセンス広告」。アドセンス広告は、広告を貼る位置によってクリック率が大きく変わってくるので、どのように貼るかが重要になってきます。

 

今回、クリック率を高め、収益を最大化させるためのアドセンス広告の貼り方をお伝えしていくので、アドセンス広告を貼る位置に迷っているのであれば、参考にしてみてください。

 

アドセンス広告とは

アドセンス広告を貼る位置についてお伝えする前に、「そもそもアドセンス広告ってどんな広告なの?」というところをお伝えしておきます。

 

アドセンス広告は、「クリックされるだけで成果が発生する」クリック成果型の広告です。インターネットをつかっていて、このようなバナーの表示を見たことがありませんか?

アドセンス広告クリック率位置

 

これがユーザーにクリックされると、サイトの運営者に収益が発生する仕組みとなっています。1クリックあたりの単価は、扱っているネタのジャンルによって変わってきますが、「1クリック20円」が平均と言われています。ただ、先ほどもお伝えした通り、この単価は扱っているネタのジャンルによって変動するので、「あくまで目安」と思っておいてください。

 

通常、お金を稼ぐためには「物を売る」という行動が必要になります。「物を売る」ためには、また別のスキルが必要になるので、ネットビジネス初心者にとってはハードルが上がってしまいます。

 

アドセンス広告であれば、「クリックされるだけでいい」ので、「ユーザーを集める」ことができればそれだけで収益が発生します。「物を売る」というスキルが必要ないアドセンス広告は、「ネットビジネス初心者におすすめの稼ぎ方」と言えますね。

 

クリック率を最大化するためのアドセンス広告の位置

クリック率を高めるためのアドセンス広告の位置がこちらです。

  • 記事上
  • 記事中
  • 記事下

非常にシンプルは配置です。

 

記事上

まず配置するのは記事の上。一番最初の見出しの上に広告を配置しましょう。

 

記事中

続いて記事の真ん中です。記事の中間地点にアドセンス広告を設置します。

 

記事下

最後は記事の下です。記事の最後に広告を設置します。

 

このようにすべて記事中に貼っていくのがクリック率を高めるためのコツです。

 

逆に絶対に貼ってはいけないのが「サイドバー」。サイドバーはまったくクリックされないので貼ってもほとんど意味がありません。現在スマホからのアクセスがかなり増えていて、スマホからだとサイドバーが表示されませんからね。サイドバーからのクリックはほとんど見込めないので、記事中に設置するようにしましょう。

 

アドセンス広告の規約をチェック

アドセンス広告は好き勝手貼りつけていいわけではありません。アドセンス広告には規約があり、それに従って掲載していかないと最悪広告を剥奪されてしまう場合もあります。アドセンス広告はその点かなり厳しいので、必ず規約は守って運用してください。

 

主な規約の例をこちらにまとめておくので、ご確認ください。

 

知り合いに頼んで広告をクリックしてもらう

「知り合いに頼んでクリックしてもらえば、収益が増えるんじゃ・・」と思うかもしれませんが、それは規約違反です。Googleはしっかりそこも監視しているので、「ちょっとくらいバレないでしょ」と思わないほうがいいです。他の人に頼んでクリックしてもらう行為はやめてください。

 

クリックを促すような文章で誘導する

アドセンス広告はクリックされると収益が発生する広告ですが、「よければクリックお願いします」のような文章で誘導するのはNGです。あくまでユーザーが自然にクリックした形でしか認められていないので、ただ、広告を貼るだけにしておきましょう。

 

NGな内容を扱わない

アドセンスの規約上、記事のネタとして扱ってはいけないものがあります。以下の内容はアドセンス広告を使用しているブログ内の記事では扱わないようにしてください。

  • アダルト
  • 日本で許されていないギャンブル
  • 日本で許されていない薬
  • ビールなどの酒類の販売
  • たばこなどの販売
  • 武器類

 

ファーストビューで広告でいっぱいになるレイアウト

「ファーストビュー(最初に表示される画面)」が、アドセンス広告でいっぱいになってしまうようなレイアウトはNGです。スマホの表示でも適用されるので、タイトル直下に大きめの広告を貼ってしまうとこの規約に触れる恐れがあるので、気をつけてください。

 

アドセンス広告の貼り方

アドセンス広告の貼り方は非常に簡単です。WordPressであれば、「AdSense Manager」というプラグインをつかうことで記事中に簡単に設置することができます。

詳しくはこちらを参考に!

AdSense Managerの使い方を解説

2016.07.03

 

おすすめの広告タイプ

アドセンス広告は、数種類の広告タイプの中から選ぶことができますが、僕がつかっているおすすめはこの組み合わせです。

  • レグタングル大
  • テキスト広告とディスプレイ広告

 

広告タイプに関してはテストしてもOKですが、迷ったらこの組み合わせでいきましょう!

 

アドセンス広告は1ページ中にいくつ貼るべきか

今年になってアドセンス広告の規約が変更となり、「1ページ中に貼っていい上限」が撤廃されました(今までは1ページ中に3つまで)。

詳しくはこちら!

1ページ中のアドセンス広告表示可能上限数が変更!注意点をまとめてみた!

2016.08.18

 

コンテンツボリュームが多い記事には、4つ以上広告を貼ることでさらに収益を伸ばすことができますが、最初は今まで通り「1ページ中に3つまで」にしておきましょう。アクセスが集まってきて、「さらに収益を伸ばしたい」というときに1ページ中の広告数を増やすかどうか検討してみてください。

 

クリック率はどれくらいを目指すべき?

クリック率もクリック単価同様、ジャンルによって変動します。なので、クリック率をそこまで気にする必要はありません。今回お伝えした位置に広告を設定すれば、平均以下になることはないと思います。

この記事を「面白い!!」と思っていただけた方へ

今回の記事を読んで、「もっと話を聞きたい」って思っていただけた方は、下記の無料メルマガにご登録ください。

そちらではブログには書いていないようなさらに濃い話であったり、僕が実践しているインターネットビジネスに関する情報を発信しています。

また、今なら「社畜を脱却し自由な人生を謳歌するための7つの思考」という動画音声もプレゼントしているので、そちらもお受け取りください!

>>今すぐプレゼントを受け取る<<

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です