1ページ中のアドセンス広告表示可能上限数が変更!注意点をまとめてみた!

アドセンス広告表示可能上限数変更
当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



どうも、ジュークです。

 

アドセンスをつかった収益を上げているアフィリエイターの方に報告です。2016年8月中旬からアドセンス広告の規約が変更となり、1ページ中にアドセンス広告を設置できる数が変更になったと、公式に発表されました。今までは「1ページ中に3つまで」という規約でしたが、これからは「4つ以上の掲載が可能」ということになりました。

これはすでにアドセンスで収益を集めている人にとってはビックチャンスですね〜。

 

しかしながら!!

掲載上限数が変更になったからと言って、無闇に広告を貼りまくっていいわけではありません。

今回は、アドセンス広告掲載上限数の変更についての詳細とそれに伴って気をつけるべきことをお伝えしていくので、どうぞご覧ください。

今までのアドセンス広告の掲載可能上限数

ブログアフィリエイターにとって大事な収益源の一つであるアドセンス広告。クリックされるだけで収益が発生するので、ブログにアクセスを集めるだけで収益が発生する広告です。大量のアクセスを集めることができれば自分が何も手を加えなくても勝手に収益が上がっていくので、美味しい収入源となりますよね。

そんなアドセンス広告ですが、今までは1ページ中に掲載できる数に上限がありました。

アドセンス広告表示可能上限数変更

出典:https://www.iscle.com/

 

今までアドセンス広告掲載数の上限
  • コンテンツ向けAdSense ユニットは3つまで
  • リンクユニットは3つまで
  • 検索ボックスは2つまで

 

つまりは、「1ページ中に掲載できるアドセンス広告は3つまで」、このような規定がありました(まれに1ページ中に4つ以上アドセンス広告を貼っているブログも見るかもしれませんが、あれはGoogleに特別に認められたサイトです。莫大なアクセスを集めているブログにはGoogleの担当者がつくことがあり、特別に掲載できる広告数を増やすことができていました。)

 

その規約が2016年8月中旬をもって変更となったのです。

 

新しい規約にはアドセンス広告の設置上限数がない!?

新しい規約がこちらになります。

アドセンス広告表示可能上限数変更

出典:https://www.iscle.com/

 

新しいアドセンス広告掲載数
  • 広告の設置数やサイズについては触れられていない(サイト運営者に任される)ということ。※リンクユニットや検索ボックス含む
  • 価値あるコンテンツを提供しているページにのみ掲載が許されること。
  • 過度に広告を掲載していると、修正が行われるまで表示を制限されるか無効にされることがある。

 

今まではダメだった4つ以上の広告の掲載も可能に

「広告の設置数やサイズについては触れられていない」ということなので、今までの「1ページ中に掲載できるアドセンス広告は3つまで」という設置可能上限数は撤廃となり、理論上1ページ中に広告をどれだけ貼ってもOKということになりました。

1ページ中に掲載できる広告数が増えれば増えるだけユーザーがクリックしてくれる確率は高まるので、今までアドセンスで収益を上げてきている人にとっては、掲載広告数を増やすだけで一気に収益を増やすチャンスとなります。

 

しかし!!

設置可能上限数が増えたからと言って、バンバン広告を貼っていっていいかとなるとそうでもありません。「価値あるコンテンツを提供しているページにのみ掲載が許されること」、こちらの項目にも注目すべきでしょう。

 

アドセンス広告掲載可能数が変更になったことで注意すべきこと

我々が注目すべきことは、アドセンスの掲載可能上限数が撤廃されたことよりも、むしろ「価値あるコンテンツを提供しているページにのみ掲載が許されること」だと思います。

「価値あるコンテンツを提供しているページにのみ掲載が許されること」ということはですよ・・・

 

「ゴミクズみてぇな低質コンテンツにうちの広告貼ったら2度とお前には広告つかわせねぇからなーー!!」

そうGoogleから言われているようなもの。

 

今までは4つ以上広告を貼らなければ、つまり、3つ以内に広告を抑えている限り、アドセンス広告を剥奪されることはありませんでした。しかし、今回の規約変更で「価値あるコンテンツを提供しているページにのみ掲載が許されること」となったので、例え3つ以内に広告を抑えたとしてもGoogleから「この記事にはダメ」と、判断されてしまっては広告がつかえなくなってしまうということ。よりブログの質を高めていかないとアドセンス広告がつかえなくなる時代に突入したということです。

 

また、物販広告との併用にも注意が必要です。アドセンス広告の掲載が許可されないようなページの例として、「サイト運営者様が提供したコンテンツよりも、広告の方が多いページ」というものがあったので、他者ASPの広告とアドセンス広告を併用している人は、今まではOKだったものも、今後は厳しくなってくる可能性は十分考えられるので、注意しておきましょう。

 

よりコンテンツの質が求められる時代に突入

今回のアドセンス広告の規約変更からは、Googleの理念が感じられます。

「アドセンス広告?お前らの好きにつかっていいよ。でも、質が低かったら速攻で利用停止にするから」と、言われているようなものなので、我々が運営するブログはより質が求められる時代となりました。今の流れを見るに、この動きはますます強くなると思います。なので、常日頃から自分のコンテンツ作成能力を磨き、いくらGoogleからプレッシャーをかけられても簡単にはねのけられる力を身につけていきましょう。


この記事を「面白い!!」と思っていただけた方へ

今回の記事を読んで、「もっと話を聞きたい」って思っていただけた方は、下記の無料メルマガにご登録ください。

そちらではブログには書いていないようなさらに濃い話であったり、僕が実践しているインターネットビジネスに関する情報を発信しています。

また、今なら「社畜を脱却し自由な人生を謳歌するための7つの思考」という動画音声もプレゼントしているので、そちらもお受け取りください!

>>今すぐプレゼントを受け取る<<

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

1 個のコメント

  • こんばんは。
    どちらにしても有益なブログを作らない限り意味がないということですね。
    グーグル側にしても、優良サイトにはそれなりの利益が生まれるように協力しますよというスタンスが垣間見れますね。
    貴重な情報をありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です