アフィリエイトにおけるニッチキーワードの探し方を解説

アフィリエイトニッチキーワード探し方
当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



どうも、ジュークです。

 

「ニッチキーワード」という言葉をご存知でしょうか?アフィリエイターならぜひニッチキーワードを狙っていきたいところ。

今回、ニッチキーワードの探し方をお伝えしていきます。アフィリエイトを実践しているものの、まだ稼げていない人ほどニッチキーワードの理解は必要となるので、確実にマスターしておいてください。

ニッチキーワードとは?

「ニッチキーワード」は、ニッチ=隙間ということで、まだ誰も狙っていないようなキーワードのことを指します。要は、ライバルが少なく、上位表示を狙いやすいキーワードのことです。具体的には、「ダイエット 食事 閉経後」といったいくつかのキーワード群からなる複合キーワードのことを指します。

 

ニッチキーワードのメリット・デメリット

ニッチキーワードにはメリット・デメリットがあります。それぞれこちらにまとめておきます。

 

メリット

 

ライバルが少ないので、上位表示を狙いやすい

ニッチなキーワードであればあるほど、ライバルが減るので、自分が記事を書いたときに上位表示を狙いやすいです。ライバル不在のキーワードであれば、ほぼ無条件で自分の記事が検索結果の最上位にくるので、ニッチキーワードは非常に狙い目のキーワードといえます。

 

ターゲットを絞りやすく、どんな記事を書けばいいのかが明確

また、複合キーワードであるニッチキーワードは、ターゲットを絞りやすいです。実際に普通のキーワードとニッチキーワードを比べてみましょうか。

 

ニッチキーワードとの比較

「ダイエット 食事 閉経後」

→閉経後にダイエットするのにどんな食事を摂るべきなのかという情報を記事にする

「ダイエット 食事」

→「ダイエット 食事」では話題が広すぎて検索ユーザーが求めている情報がなんなのか絞り込めない

 

このように、ニッチキーワードのほうがターゲットを絞り込むことができるので、どんな記事を書けばそのユーザーを満足させてあげられるのかが明確です。

また、ターゲットを絞ることができるということは商品を成約しやすいというメリットもあります。どんな属性のユーザーがその記事に訪れているのかわかれば、そのユーザーが興味がありそうな商品を記事の中で訴求すれば、商品の成約が見込めます。

 

デメリット

 

アクセスは見込めない

ただ、ニッチなキーワードであるほどアクセスは見込めなくなります。

アクセス大

1語キーワード

2語キーワード

3語キーワード

4語キーワード

5語キーワード

アクセス小

 

このように、複合キーワードになればなるほどアクセスは少なくなる傾向になるので、ニッチキーワードだと大量のアクセスを見込むことは難かしいです。

 

ニッチキーワードの探し方

ニッチキーワードの特徴がわかったところで、いよいよニッチキーワードの探し方をお伝えしていきます。

 

複合キーワードで探す

先ほどからお伝えしている通り、ニッチキーワードは基本的に複合キーワードを狙います。1語→2語→3語と、複合になればなるほどニッチなキーワードとなるので、一番最下層のキーワードを狙っていきましょう。複合キーワードの探し方ですが、無料でつかえるキーワードサーチツールがあるので、こちらを活用してみてください。

関連キーワードサーチツール

 

トレンドキーワードを狙う

ニッチキーワードというのは、要は他のサイトがまだ狙っていないようキーワードです。ということは、新情報によって出現したトレンドキーワードであれば、まだ狙っているライバルが少ないので、自然とニッチキーワードとなります。新しい情報が出たときは、ライバルが弱く狙えそうなキーワードがないか調べてみてください。

 

自分でキーワードを予想する

ニッチキーワードを探す上で一番最強のスキルとなるのが、「自分でキーワードを予測する」ということです。ツールをつかって見つけたキーワードは当然他のアフィリエイターも見つける可能性がありますが、自分で考えたキーワードは他の人には見えない自分だけのお宝キーワードです。もちろんそのキーワードが検索需要がなかったら上位にきてもアクセスはこないので意味がなくなってしまうので、やや上級テクとなりますが「キーワードの予測」ができるようになれば、バンバン上位表示することができるようになるので、ぜひ身につけていきましょう。

 

ニッチキーワードを狙ったロングテール戦略が効果的

「アクセスが集まらないんじゃニッチキーワードなんて狙う意味なくない?」と思いましたか?実はそんなこともありません。確かに1記事1記事は大したアクセスにならないかもしれませんが、そういった記事を積み重ねていくことでアクセスを伸ばす「ロングテール戦略」は非常に効果的なやり方です。

ブログで集客したいならロングテールキーワード戦略を活用せよ

2016.03.30

 

ライバルが弱いニッチキーワードを狙い確実に上位表示

ちょっとでもいいからアクセスを獲得

ライバルが弱いニッチキーワード狙い確実に上位表示

ちょっとでもいいからアクセスを獲得

・・

・・・

これを繰り返すことで着実に伸ばしていくのがロングテール戦略です。

 

「記事を書いてもアクセスが一向に伸びない」という人は強いキーワードばかり狙っているのかも

普通、ブログは上位表示される記事が増えれば増えるだけ集客経路が増えるので、アクセスも増加していきます。しかし、中には「100記事書いても全然アクセスが増加しません!!」という人もいます。

これはライバルが強いキーワードばかりで勝負してしまい、記事が上位表示していないということが原因として考えられます。ライバルが弱いニッチなキーワードで確実に上位を狙う戦略に切り替えるのが有効なので、ブログのアクセスを伸ばすことに苦労している人ほど自分がどんなキーワードを狙っているのか一度考えてみてください。

この記事を「面白い!!」と思っていただけた方へ

今回の記事を読んで、「もっと話を聞きたい」って思っていただけた方は、下記の無料メルマガにご登録ください。

そちらではブログには書いていないようなさらに濃い話であったり、僕が実践しているインターネットビジネスに関する情報を発信しています。

また、今なら「社畜を脱却し自由な人生を謳歌するための7つの思考」という動画音声もプレゼントしているので、そちらもお受け取りください!

>>今すぐプレゼントを受け取る<<

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です