キングダムの桓騎将軍が鬼ほどかっこいい3つの理由

当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



週刊ヤングジャンプで連載中の漫画「キングダム」。

毎週楽しみに読んでおりますが、アホほどかっこいい武将がガンガン登場してくるので、どのキャラを好きになるかは割とわかれるかと思います。

僕の推しは圧倒的に桓騎将軍。

 

確かに、キングダムには魅力的な武将が数多く登場しますが、個人的に桓騎の魅力は群を抜いているかと。

そんな桓騎の魅力をバシバシまとめていきましょう。

スポンサーリンク

キングダムの桓騎

 

六将に匹敵する秦の将軍

キングダムに登場する桓騎は主人公が属する秦という国の将軍。

かつての秦には「六大将軍」という国内最強の6人の武将がいましたが、桓騎の強さは彼らに匹敵するほどの強さとの評価です。

つまり、国内最強レベルの武将であります。

 

元野盗特有のゲリラ戦術を得意とする

桓騎はキングダムの登場キャラの中でも異彩を放つキャラ。

正当な武将ではないですからね。

 

桓騎は国の軍に兵士として属し、そこから将軍になったわけでなく、もともとは山賊の頭領でした。

なので、山賊特有のゲリラ戦術やクソほど残虐な精神攻撃を戦術に組み込むのが特徴。

この時代の正統派武将は武将同士の一騎打ちで決着をつけるという戦いを取りますが、桓騎が他の武将と一騎打ちを行ったことは一切なし。

拷問、一般兵への残虐行為、奇襲と、勝つためには手段を選ばずに天才的な戦い方で勝利を収めていくタイプの武将です。

 

野盗団を束ねるリーダー

自身が山賊あがりだったということもあり、桓騎の軍も国の正規軍ではなく、もともと野盗だったメンバーを集めて束ねたもの。

なので、他の軍の兵士に比べて気性が荒く、一般市民を躊躇なく襲ったり、残虐行為を平然と行ったりします。

スポンサーリンク

キングダム桓騎がアホほどかっこいい3つの理由

キングダムにはとても多くの魅力的でかっこいい武将が登場するのですが、僕的No.1武将は圧倒的に桓騎です。

僕が思う桓騎の魅力がこちら!!

 

男ならやっぱり悪役派でしょ

やっぱりさ。

男なら憧れるのは悪役ですよね??

 

桓騎は秦の武将なので、一応主人公サイドのキャラではありますが、立ち位置は悪役。

どう見ても悪役って顔してますしねw

 

主人公の信に対してのこの一言なんて悪役だからこそなせる技。

桓騎

「ここで大人の戦いを覚えていけ 飛信隊」

 

主人公のような健全で熱くて情に溢れる良いやつではなく、残虐非道なことを平気でやってのけたり、両手に美女をはべらかせたりと、むちゃくちゃやりながらも圧倒的実力を誇る悪役に心を惹かれるのは男なら共感してくれるはず。

 

奇人・変人を平気で受け入れるから

桓騎の軍はもともと野盗だったということもあり、変わった人間が多い。

 

見た目もいかついし、綺麗な格好をしているとも言えない。

そんな変人・奇人を平気で受け入れ、軍に引き入れ束ねていく姿もまた魅力的です。

また、敵には残虐非道な行為を平気でしますが、部下に対してはあまりそういった行為をすることはなく、部下思いの一面も少し見えるのも素敵。

 

この「変人・奇人の人間も部下として引き入れる」という一面は僕も参考にしていきたいとガチで思う。

 

過程は求めない結果主義だから

僕が桓騎推しの最大の理由がここ。

桓騎の結果主義なところ。

 

この時代の戦いは武将同士による一騎打ちが王道。

軍と軍がぶつかり、そこで軍全体の優勢、劣勢は描かれるものの、最終的には武将同士の一騎打ちによって勝敗が決まることがほとんどで、「武将同士の一騎打ちこそ華」と考える武将も少なくない。

 

ただ、桓騎に限っては一切そんな様を見せず、こだわるのはあくまで結果。

ただ勝つことだけを考えて敵が嫌がる策を徹底的に仕掛けていく様には強い意志を感じます。

 

普通の思考なら周りの空気感に合わせて「俺も一騎打ちで華やかに敵を討ち取っていきたいぜ!」という過程を大切にする思考になると思いますが、桓騎が求めるのはあくまで結果。

残虐非道な行為を連発するので他の将からの評価はあまり良くなかったりしますが、そんなことは1ミリも気にかけることなく、淡々と圧倒的勝ちだけを取り続ける様は本当にかっこいい。

 

周りの目や世間の風潮を度外視で自分のやりたいようにめちゃくちゃやって、圧倒的な結果も残す。

いやぁ、しびれますなぁ。

 

漫画のキャラから勉強できる点は多い

漫画は読んでいて純粋に面白いですが、いろいろ勉強になることもあります。

例えば、今回みたいに漫画キャラを分析するのは面白いです。

 

漫画キャラって実際に多くのファンがいますよね??

ということは、そのキャラに多くの人を惹きつける要素があるということです。

では、「その要素っていったいなんなんだろう??」と分析して、要素を抽出できればそれを自分に落とし込めば自分のフォロワーを獲得につながるかもしれません。

 

そういう視点で見ると漫画も勉強になってより面白いかと。

キングダムにはまだまだ魅力的なキャラクターがたくさん登場しますので、他のキャラクターも紹介していければと思います。

 

ブログで発信して自己実現(お金を稼いだり、自分の想いを体現したり)する方法をLINE@で毎日配信中!ちなみに、購読者の中から月収数十万単位の人は続出しております!

友だち追加

 

Twitterのフォロワーも激しく募集中!!

スポンサーリンク

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

1 個のコメント

  • おはようございます。
    お邪魔します。harutoです。

    漫画のキャラクターから学ぶ。
    それ、思う処あります。
    キングダム、ワンピースもいいですね。
    漫画で、(´;ω;`)ウッ…こともしばしば、感動して。
    連載が長い漫画はそれとなく魅力がある作品ですよね。
    違う路線ですけどアニメですが、気に入ったワードがあります。
    「だとしても」
    というセリフなんですが、この後にはポジティブな言葉が続くんですね。

    次のキャラの紹介心待ちします!

    応援します

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です