トレンドアフィリエイトで稼ぐために必要な更新頻度とは?

トレンドアフィリエイト更新頻度
当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



どうも、ジュークです。

 

「いったいどのくらいのペースで記事を書いていけば稼げるようになるのだろう?」

トレンドアフィリエイトをブログの更新頻度を気にしている人は多いのではないでしょうか?ブログで稼ぐためにはいったいどのくらいの頻度で記事を更新するのがいいのか、僕なりの見解をお伝えさせていただきます。

更新頻度を上げることはメリットしかない

トレンドアフィリエイトにおける更新頻度は、高いことに越したことはありません。更新頻度を上げるメリットをこちらにまとめておきます。

 

更新頻度が高いほどブログの記事数が増えていく

当然のことになりますが、更新頻度が高ければ高いほどブログの記事数は増えていくことになります。ブログはストック型のビジネス。アクセスを集める記事が増えれば増えるほど、同様に収益も伸びていきやすくなります。そのため、更新頻度を高めれば高めるほど、稼ぐスピードも同様に早くなりますので、収益化のスピードを速めたいのであれば更新頻度はなるべく高く保つようにしましょう。

 

ブログのユーザーの満足度が上がる

こちらはある程度アクセスが集まってきた段階の話になりますが、継続的にアクセスを集めることができるブログにはブックマークして再び訪れてくれるリピーターがいます。そういう人たちは新しい記事が更新されるのを楽しみにしているわけですから、更新頻度が高いほうがリピーターの満足度が高まります。

 

このように、更新頻度は高めたほうがメリットはあるので、できる限り高い更新頻度を保つようにしたほうがいいです。

「1日に記事を上げすぎたらGoogleから怪しまれるんじゃ・・」と、更新頻度の上げ過ぎを心配する人もいますが、1日20記事ほど同じブログに更新しても特に何の問題もなかったので、気にする必要はありません。

 

更新頻度もSEOに影響する?

これに関しては諸説ありますが、そこまで神経質に考えなくても大丈夫だと思います。更新頻度が低くても最終的に大量のアクセスを集めることができた事例もあるので、更新頻度を上げないとアクセスを集められないということはありません。

ただ、先ほどもお伝えした通り、更新頻度を高めることによるメリットがあることは確かなので、そのメリットを把握した上で自分で判断してください。

 

質を落としては意味がないので気をつけて

「更新頻度は上げれば上げるだけメリットがある」と言いました。しかし、ここで気をつけてほしいのが、更新頻度を維持することを考えるあまり、記事の質が劣化してしまうことです。いくら更新頻度を上げても記事の質が悪く、上位表示を狙えなければ意味がありません。上位表示しない記事を10記事書くくらいなら、上位表示してアクセスを集める記事を1つ書いたほうがよほど効率的です。

記事の質があっての更新頻度なので、そこは勘違いしないようにしてください。

 

自分の目標に応じて更新頻度を調整する

更新頻度は高ければ高いほど良いということをお伝えしましたが、だからと言って環境は人それぞれだし、人によって目標も違うと思います。なので、自分が目指す目標によって記事の更新頻度は調整していきましょう。

「俺はアフィリエイトで飯を食っていく!将来はブログで稼いで脱サラじゃー!!」という人は、当然ながらできる限り記事を更新していきましょう。更新頻度を上げれば上げるだけ収益を伸ばしていくことができるので、更新頻度を上げない理由はないです。

「私は副業で毎月+5万円あれば十分!」という人は、自分の生活とのバランスを見て、余裕があるときに記事を更新すればOKです。ブログはストック型のビジネスなので、質の良い記事を積み重ねていけば、月5万円は十分に狙える金額です。

作業量に関しては絶対解はなく、自分の目標に応じて決めていいので、一度自分の目標を考えてみてください。その目標を達成するための更新頻度を自分で設定していきましょう。


この記事を「面白い!!」と思っていただけた方へ

今回の記事を読んで、「もっと話を聞きたい」って思っていただけた方は、下記の無料メルマガにご登録ください。

そちらではブログには書いていないようなさらに濃い話であったり、僕が実践しているインターネットビジネスに関する情報を発信しています。

また、今なら「社畜を脱却し自由な人生を謳歌するための7つの思考」という動画音声もプレゼントしているので、そちらもお受け取りください!

>>今すぐプレゼントを受け取る<<

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です