ブラック企業診断!就活前にブラック企業の見分け方をチェックせよ!

ブラック企業診断チェック見分け方就活
当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



「ブラック企業」

いやな響きですよね〜。

 

人生において仕事をしている時間がもっとも長くなるわけですから、どう考えたって働きやすい環境で仕事がしたいですよね?「ブラック企業で社畜になるなんて死んでもゴメンだぜ!」という方のほうが多いと思います。

 

そこで今回はブラック企業の定義やその見分け方をお伝えしていきます。これから就活を控えた大学生の方は、企業を選ぶ際の基準としてみてください。

 

そもそもブラック企業の定義とは?

ブラック企業診断チェック見分け方就活

出典:キャリアパーク

「ブラック企業」

すでに一般的な言葉となっていますが、その定義はどのなっているのでしょうか?一応の定義がこのようになっています。

 

ブラック企業

違法または悪質な労働条件で働かせる会社を指す。長時間労働やサービス残業を強いる「使い捨て型」、大量採用後に必要な人材以外は辞めさせる「選別型」、パワハラや退職強要を放置する「無秩序型」などがある。就職難を背景に増えているとされ、08年ごろからインターネット上で呼ばれるようになった。

 

ブラック企業の明確な定義づけはありません。長時間労働や低賃金などの様々な粗悪な労働環境が重なった会社が「ブラック企業」と呼ばれています。本当にざっくり言うと、「誰がこんな会社で働きてーと思うんだバカヤロー!!」と、ツッコミたくなるような企業のことです。

 

「ブラック企業」と呼ばれる有名な企業一覧

ブラック企業診断チェック見分け方就活

出典:ブラック企業

こちらに「ブラック企業」として名高い企業の一覧を掲載しておきます。「ブラック企業大賞」にもノミネートされている企業なので、会社を選ぶ際には気をつけてください。

 

株式会社セブン-イレブン・ジャパン

ブラック企業診断チェック見分け方就活

出典:ウェルダンノーブルハウス

学生アルバイトを正社員並みに働かせ、学業に支障をきたすほどの低待遇で酷使する「ブラックバイト」が社会問題とまでなった某有名コンビニチェーン店。コンビニ業界ではどこもブラックバイト化の問題は見られますが、業界トップという責任の大きさから特にセブンイレブンがブラック企業として注目されることになりました。

 

株式会社引越社関東(アリさんマークの引越社)

ブラック企業診断チェック見分け方就活

出典:ついっぷるフォト

元は営業職だった人間をシュレッダー係に配点し、その後突如として懲戒解雇。解雇理由を「罪状」と記載した顔写真つきの書類をグループ内の全店舗に掲示するというなんとも恐ろしい事件が話題になり、「ブラック企業大賞」にノミネートすることに。

 

株式会社明光ネットワークジャパン(明光義塾)

ブラック企業診断チェック見分け方就活

出典:filmo

個別指導塾ではどこでも問題となっているのが、授業以外の業務に賃金が払われない「コマ給問題」。「YDK」のCMで有名な明光義塾ですが、授業の準備と生徒の見送り、報告書の記入、片付けといった時間外労働が特に多いということでブラック企業に認定されました。

 

ブラック企業診断!就活におけるブラック企業の見分け方

ブラック企業診断チェック見分け方就活

出典:ログミー

では、いよいよブラック企業かどうかを診断するチェックリストをお伝えしていきます。以下のチェックリストに当てはまれば当てはまるほどブラック企業の可能性が高いので、就活でブラック企業かどうかを見分けるときの判断基準としてみてください。

 

新入社員の離職率が高い

ブラック企業=労働環境が悪いということなので、当然新入社員の離職率は高まります。2〜3年以内の離職率が2〜3割が平均的数値なので、これを超えるようだと離職率が高い企業ということになります。また、中小企業にも関わらず、毎年10人以上新入社員を募集している会社は、新入社員の早期退職を補填している可能性も疑いましょう。

 

初任給がやたらと高い

大卒の初任給は19万円程度。中には「初任給30万円」という企業があり、「めっちゃイイじゃん!!」と一見思ってしまいがちですが、実は危険。あまりに初任給が高い企業は、残業代を初任給として表記している可能性があります。初任給が不自然に高い企業は「ブラック企業では?」とまずは疑いましょう。

 

OB訪問を受けつけない

内定をもらったあとに「どんな環境なのか知りたいな」と思った際、普通の企業であればOB訪問を行うことができますが、中にはOB訪問を受けつけない企業もあります。実際に「一緒に働く人を紹介してほしい」と頼んだところ、「だったら今回はご縁がなかったということで」と断られたケースもあるようです。社内の人間の話から、会社の粗悪な労働環境が伝わることを避けたかったのかもしれませんね。

 

面接後に連絡がこない

普通に考えたらありえないことですが、面接に合格したにも関わらず、その後の日程調整の連絡がこなかったケースもあるそうです。面接を合格した人への連絡を忘れる=社員一人一人を適当に扱っている可能性が高いので、ブラック企業の可能性が高いです。

 

しょっちゅう求人している

しょっちゅう求人を出しているということは、「退職者が多いから社員が不足している」という可能性が考えれます。ここは一概には言えませんが、ブラック企業かどうかを見分けるための基準の一つにはなりますね。

 

深夜まで窓が明るい

実際に会社に行けるのであれば、自分の足で会社の様子をチェックしてみるのもブラック企業かどうか見分ける方法の一つになります。深夜を回ってもギラッギラに窓が光り輝いているようであれば、残業時間が長い企業である可能性が高いので、ブラック企業の可能性が考えられますね。

 

辛すぎワロタ・・ブラック企業に勤めた人の体験談

ブラック企業診断チェック見分け方就活

出典:まとロゴす

こちらにブラック企業に勤めた人の体験談をまとめておきます。「実情はいったいどうなってるんだ・・」という方は、参考にしてみてください。

 

30代女性 IT企業勤務 サービス残業と過酷な職場

パソコンサポートの中堅会社で働いています。クライアントには、ケーブルテレビJ社、プロバイダーS社。量販店P社、通信会社N社などがあります。サポート業務は小規模な代理店に発注し、その管理を行う部署に所属しています。クライアント様からの無理な要求が多く、いつもその対応に追われています。その一方で、無能で利己主義を押し付けてくる代理店が多く、その管理やフォローに追われる毎日です。毎日数時間、月何十時間のサービス残業や休日出勤は当たり前。社員、契約社員の不満は頂点に達しており、その不満の捌け口が小規模な代理店に向かっています。代理店の間違いを小さなところまで見つけ、電話やメールで指摘し、謝罪を要求してうさを晴らするような状況です。そういうわけで職場の雰囲気は険悪で最低。私は知らずに就職したけれど、こんな会社には就職しないほうがいいと思います。

 

30代女性 病院勤務 残業代が出ない

入社3年目の看護師です。私の病院では残業代が各病棟の師長により、つく日とつかない日があります。また、ボーナスなんて出勤カードを3回忘れると1日欠勤扱いになり、ボーナスカットになります。6回忘れると2日欠勤みたいな感じです。しかし実際は働いているのです。労働組合はなく、作ろうとすると、呼び出され実質の解雇となり自主退職扱いです。労働基準監督署に届けを出しても、わからないようになっているのか、全く改善されません。諦めるほかないのでしょうか?また、これくらいでは、ブラック企業ではないのでしょうか?せめて、きちんと残業代は支払っていただきたいです。

 

20代男性 メーカー勤務 労働条件が違いすぎる

仕事はF1のピットの様ないそがしさ。それでいて休憩ほぼ無し。毎日平均残業1時間半で残業代はつかない。 求人情報の労働条件と実際の労働条件が違います。

  • 休憩60分→ほぼ無し
  • 残業なし→残業しても残業代はつかないって意味
  • 有給あり→なし
  • 年間休日105→99~100

 

完全ホワイトな良い労働条件で働きたいなら

ブラック企業診断チェック見分け方就活

出典:社内SEに転職しよう

自分の人生の時間の大半を捧げることになる仕事。働くなら粗悪な労働環境が重なるブラック企業ではなく、「ここなら伸び伸びと仕事ができるな」という真っさらなホワイト企業で働きたいものですよね?

 

そこで僕から提案させていただくのは、会社に勤めるのではなく、「自分でビジネスを始める」ということです。「え!?自分でビジネスって起業ってこと!?それってめちゃめちゃ大変なんじゃ・・」と、思うかもしれませんが、実はそうでもありません。

 

僕も大学生のうちから自分でビジネスを始めましたが、コツコツと続けて今では月100万円という収入を稼ぐことができるようになっています。

 

自分のビジネスということは、上記のブラック企業のような粗悪な労働環境に悩まされることは一切ありません。

  • 働く時間は自分で決められるから無理に残業を強いられることはない
  • 稼いだ分がすべて自分の収入になるから低賃金に悩まされることはない
  • 事務や雑務といった「自分がやりたくないこと」を上司に押しつけられることもない

 

労働環境や条件の決定権がすべて自分にあるので、ブラック企業で考えられる心配は一切ありません。働く時間は自由だし、服装だって自由。休みをとるのも自由だし、人付き合いも完全に自由。旅行に行きたいときに自由に行けるし、サラリーマンの何倍もの収入を得られるようになります。

 

これをホワイト企業と言わずしてなにをホワイト企業と言うのでしょうか?「自分は完全ホワイトなところで働きたい!」と思っているのであれば、ぜひ今日から「自分ビジネス」を始めてみませんか?

 

この記事を「面白い!!」と思っていただけた方へ

今回の記事を読んで、「もっと話を聞きたい」って思っていただけた方は、下記の無料メルマガにご登録ください。

そちらではブログには書いていないようなさらに濃い話であったり、僕が実践しているインターネットビジネスに関する情報を発信しています。

また、今なら「社畜を脱却し自由な人生を謳歌するための7つの思考」という動画音声もプレゼントしているので、そちらもお受け取りください!

>>今すぐプレゼントを受け取る<<

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です