これでブログのアクセス増!上位表示されやすい記事を書く19のコツ

当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



どうも、ジュークです。

 

ブログアフィリエイトで稼ぐためにはブログへのアクセスが必須。アクセスが来なければいくらアドセンス広告を設置していても物販広告を訴求しても意味がありません。

しかし、多くの人はブログにアクセスを呼びこめなくて困っています。「いくら記事を書いても記事が上位表示されない」と。

実は、自分が書いた記事を上位表示させることはそこまで難しいことではありません。ただ、上位表示されやすい記事がどのような記事なのか知らないだけです。

今回お伝えする19のコツを理解し、そのまま実践すれば、すぐに上位表示できる記事を作ることが可能となるので、上位表示できずに悩んでいるのであれば、参考にしてみてください。

上位表示されやすい記事を書く19のコツ

では、上位表示されやすい記事を書く19のコツをお伝えしていきます。上位表示を狙うためには漫然と記事を書けばいいわけではありません。以下のポイントを押さえていないと、上位表示できる可能性はグッと低くなってしまうので、確実に押さえておいてくださいね。

 

1.狙うキーワードを決める

まずは「このキーワードで上位表示させたい」と決めるのが、自分の記事を上位表示化させるための第一歩。どのキーワードを狙うかを決めないことにはライバル状況をチェックすることができないので、自分がどのような記事を書けばいいのかイメージすることができません。

なので、まずは自分がどのキーワードで上位表示を狙うのかを決めていきましょう。

 

2.ライバル状況をチェック

狙うキーワードを決めたら、続いてキーワードのライバル状況をチェックしていきます。

ライバル状況をチェックする理由は主に3つ。

  • そもそも上位表示を狙えるキーワードなのかチェックするため
  • 自分がどのような記事を書けばいいのかイメージするため
  • 自分がどの程度の記事を書けばいいのかの目安になる

 

仮に自分のブログのレベルが最強で、「どんなキーワードを狙っても上位表示する」というレベルであれば、ライバルチェックをする必要はありません。アクセスが集まりそうなキーワードを狙っていくだけでOKです。

しかし、実際にはそんなブログは存在しないし、むしろ我々個人が運営するアフィエイリトサイトは弱小の部類に入ります。なので、ライバルが弱いキーワードを狙っていかないと上位表示することができないので、ここはしっかり覚えておいてください。

また、すでに上位表示している記事の内容をチェックすることで、自分がどんな記事を書いていけばいいのかイメージしやすくなります。まだ記事作成に慣れていないのであれば、ライバルサイトがいったいどのような構成で記事を書いているのか真似たり、自分の記事にもつかえそうな情報は参考にさせていただきましょう。

さらに、すでに上位表示している記事の中身を見ることで、「自分がどの程度の記事を書けば上位表示できるのか」という判断の目安になります。検索結果の上位を目指すのであれば、当然そのキーワードで検索されて表示される記事の中で1番良い記事でなければいけません。「上位表示されているどの記事よりも良い記事を作る」という意識で記事を作成していきましょう。

 

ここまでキーワードを選ぶ段階で少しごちゃごちゃしてしまったので、こちらに一度まとめておきます。

 

自分が狙うキーワードを決める

狙うキーワードのライバル状況をチェック

上位表示が狙えそうな状況であれば、記事作成を始める

 

また、キーワード選定&ライバルチェックの具体的方法は以下の記事を参考にしてください。

トレンドアフィリエイトの難関!ライバルチェックをドラクエで例えてみた

2016.05.04

アフィリエイトの最重要スキルキーワード選定の方法を世界一わかりやすく解説

2016.02.26

 

3.検索ユーザーが満足する記事を書く

どのキーワードを狙うかを決めたらいよいよ記事を作成していきます。記事作成の際に絶対抑えておきたいポイントがこちらです。

 

ジューク
検索ユーザーが、そのキーワードで検索し、実際に見たときに120%満足する記事を書こう

 

これは検索エンジンを運営しているGoogleが公表していることなので、間違いない情報です。検索エンジンの上位に表示させるためのテクニックは様々ありますが、今の時代、「検索ユーザーを満足させるような記事作成」という意識を怠っての上位表示はありえません。

例えば、この記事はタイトルを見てわかる通り、「記事書いても上位表示されなくてアクセス集まんね〜な〜。上位表示される記事ってどうやって書けばいいんだろう?」という検索ユーザーに向けて書いた記事になります。もしかしたら、今これを見てるあなたもそう思っているかもしれませんね。

 

4.ユーザーが見やすい記事を書く

例え、検索ユーザーが満足する内容だったとしても、それが「改行なし」、「見出しなし」で、ズラッーと文字を横に並べただけの記事だったらユーザー的には超不満です。

実際に先ほどの文章を「改行なし」、「見出しなし」で載せておくので、ご確認ください。

 

3.検索ユーザーが満足する記事を書くどのキーワードを狙うかを決めたらいよいよ記事を作成していきます。記事作成の際に絶対抑えておきたいポイントがこちらです。「検索ユーザーが、そのキーワードで検索し、実際に見たときに120%満足する記事を書こう」これは検索エンジンを運営しているGoogleが公表していることなので、間違いない情報です。検索エンジンの上位に表示させるためのテクニックもいろいろありますが、今の時代、「検索ユーザーを満足させるような記事作成」という意識を怠っての上位表示はありえません。例えば、この記事はタイトルを見てわかる通り、「記事書いても上位表示されなくてアクセス集まんね〜な〜。上位表示される記事ってどうやって書けばいいんだろう?」という検索ユーザーに向けて書いた記事になります。もしかしたら、今これを見てるあなたもそう思ってるんじゃないですか?

 

ね、超見づらいですよねw冒頭からいきなりこんな書かれ方をされたら、僕だったら速攻でブラウザバックします。

どれだけ良い内容だったとしてもそれがユーザーに読まれなければなんの意味もありません。ユーザーに読まれない=価値のないコンテンツと判断され、Google側からも検索上位の対象から外されてしまうので、「ユーザーが見やすい記事にする」というのは、ユーザー視点からも検索エンジン視点からも重要な要素となります。

 

5.見やすいテンプレートを導入する

「ユーザーが見やすい記事」という観点からは少々外れてしまうのですが、ブログ全体のデザインを考えることも重要です。WordPressでブログを運営しているのであれば、有料のテンプレートをつかえば、簡単にユーザーが見やすい記事にすることができるので、ぜひ導入していきましょう。

僕のブログは「オシャレですね!」とよく言っていただけるのですが、それは「ストーク」という超優良テンプレートをつかっているおかげ。正直、このテンプレートをつかえば誰でもオシャレなブログにすることができるので、テンプレート選びに迷っているならおすすめです。

 

6.タイトルにキーワードを入れる

タイトルに入れるキーワードは、検索エンジン側がかなり重要視しています。なので、自分が狙うキーワードは必ずタイトルに入れるようにしましょう。

タイトル作成のポイントはこちらの記事を参考にしてください。

トレンドアフィリエイトで記事タイトルを決める6つのポイント

2015.12.14

 

7.アイキャッチ画像をつける

アイキャッチ画像をつけることで、検索ユーザーの興味を「グッ」と惹きつけることができるので、記事作成の際には必ず設定しておきましょう。アイキャッチ画像をつける際も、「検索ユーザーの気を惹きそうなもの」という検索ユーザー目線になることを忘れずに。

ちなみにこのブログは、こんな感じで

上位表示されやすい記事

アイキャッチ画像に一手間加えることで、ユーザーの興味を「グッ」と惹きつけ、記事の内容を読んでもらおうとしています。

 

8.見出しをつかう

見出しで区切ることで、ユーザーから見ても読みやすくなりますし、実は検索エンジンからの評価も上がります。「見出し=この記事の中で重要な要素ですよ」というアピールになるので、見出しの中にキーワードを入れることで、狙ったキーワードで上位表示しやすくなります。

 

9.改行をつかう

さっきも言いましたが、なんの改行もされていない文章ほど読みづらいものはないので、適度に改行をしていきましょう。今はスマホからの流入が多いので、特にスマホからのビューを意識した改行をしていくのがおすすめです。

改行は人によって使い方がわかれるところなので、「自分がスマホで見て見づらくないか」という基準でOKです。

 

10.適度に装飾する

特に「ここを強調したい」という文があれば、適度に装飾したほうがユーザーにとってはわかりやすい記事になります。ただし、あくまで「適度に」が大事で、やり過ぎはよくありません。

例えばこんな記事はNG例。

 

「ユーザーが見やすい記事」という観点からは少々外れてしまうのですが、ブログ全体のデザインを考えることも重要です。WordPressでブログを運営しているのであれば、有料のテンプレートをつかえば、簡単にユーザーが見やすい記事にすることができるので、ぜひ導入していきましょう。

僕のブログはけっこう「オシャレですね!」と言っていただけるのですが、それは「ストーク」という超優良テンプレートをつかっているおかげ。正直、このテンプレートをつかえば誰でもオシャレなブログにすることができるので、テンプレート選びに迷っているならおすすめです。

 

どこもかしこも装飾しては、結局どこが大事なのかわからないので、装飾をする意味がありませんし、文字色のつかい過ぎもユーザーから嫌われるので、つかう色は「赤文字」だけでいいと思います。

僕がつかう文字装飾は、

  • 文字の大きさ
  • 赤い文字

の2つだけ。これ以上つかうとごちゃごちゃした文章になってしまうので、装飾はこれだけで十分です。

 

11.画像をつかう

これは前提知識として覚えておいてほしいのですが、Webは文章を読むものではなく、見るものです。そもそも検索ユーザーというのは一言一句文章を読むのではなく、上からサーッと文章を見ていく傾向にあります。

テキストのみの記事だと途中で飽きられて離脱されてしまう可能性があるので、見出しの下に画像を挟むことで、記事にメリハリが出て、よりユーザーの満足度を高められる記事になりますよ。

 

12.動画をつかう

こちらも考え方は画像と同様。記事の内容と関連性のある動画があれば、よりユーザー満足度を高めることができるので、積極的につかっていきましょう。

 

13.ショートコードをつかう

最近僕がハマっているのがショートコード。僕がつかっているテンプレートの「ストーク」は、特にショートコードが充実していて、

ジューク
こんなLine風の吹き出しや
こんな補足説明用のボックスまでつかえちゃいます。

 

あとは、「Tiny MCE Advanced」というプラグインもおすすめで、

このようなボックスを作ることができ、より見やすい記事を作ることができるようになりますよ。

 

14.コンテンツボリュームを増やす

一概にコンテンツボリュームがある記事=良い記事とは言えませんが、やはりコンテンツボリュームが多い記事のほうが評価される傾向にあります。

僕のこのブログだと、毎記事2000〜3000文字にはなるように書いています。この記事だとだいたい6000文字くらいですね。最低でも2000文字は書くようにしたいところです。

 

15.記事中にキーワードを散りばめる

記事中に狙ったキーワードが散りばめられていたほうがより検索エンジンからの評価が得られやすい記事となります。ただ、普通に2000文字目安に記事を作成していれば、自然とキーワードが散らばるので、そこまで意識する必要はありません。

 

16.滞在時間を上げる

「ユーザーがブログに来て離脱されるまでの時間」のことを滞在時間と言います。滞在時間が長ければ長いほど、「このブログは検索ユーザーが満足しているブログだ」と検索エンジンから判断されるので、滞在時間を上げる施策をすることは検索上位を狙う上で欠かせません。

 

17.関連記事のリンクを貼る

記事を作成しているときに他の記事に誘導できそうな場合、リンクを貼っておきましょう。せっかく「お、このブログの記事なんか面白いな!」と思ってもらえても、なにも関連記事を貼っていない場合、ユーザーはその記事だけ読んで帰ってしまいますが、関連記事のリンクを貼っておけばその記事も読んでもらうことができるので、滞在時間を伸ばすことができます。

この記事でも

ライバルチェックの重要性を解説

ライバルチェックを詳しく説明した記事に誘導

というように誘導しています。

 

また、記事内だけでなく、記事の最後にも関連記事を表示させておくのは効果的です。記事の内容を気に入ってもれえれば、「他に面白そうな記事ないかな〜?」と、ユーザーは「別の記事も読みたい状態」になっているので、記事を読み終わった直後の記事下に関連記事を表示させておくのはかなり効果があります。WordPressであれば、「YARPP」というプラグインで記事下に関連記事を表示させることができるので、ぜひご活用ください。

 

18.サイドバーを充実させる

最近はスマホからの検索が多いので、サイドバーが見られる機会は減りましたが、それでもサイドバーへの流入はあります。なので、サイドバーに魅力的なコンテンツを配置すれば、ブログの滞在時間を伸ばすことができます。

定番なのが、

  • プロフィール
  • 人気記事ランキング
  • 最近の投稿
  • カテゴリー
  • セールスページ
  • 特集記事

といった項目。人気記事ランキングは、「WordPress Popular Posts」というプラグインを入れれば、簡単に表示させることができるので、おすすめです。

また、「この記事は絶対に読んでほしい!!」といったものがあれば、サイドバーに置くのも面白いです。

 

19.ブログの評価を高める

結局、今までの上位化施策はここにつながってきます。どれだけ良い記事を書いてもブログ開設当初はブログの評価が低いので、検索エンジンに評価されず、上位表示されることがありません。今までお伝えした上位表示施策を続け、徐々に徐々にユーザーから評価されるブログとなり、検索エンジンからも評価されるようになるのです。

なので、以上の施策を徹底し、なるべく多くの良質な記事を書いていきましょう。

 

以上、上位表示されやすい記事を書くコツでした。これらをしっかり守って記事を作っていけば、間違いなく上位表示されるようになるので、頑張っていきましょう。

この記事を「面白い!!」と思っていただけた方へ

今回の記事を読んで、「もっと話を聞きたい」って思っていただけた方は、下記の無料メルマガにご登録ください。

そちらではブログには書いていないようなさらに濃い話であったり、僕が実践しているインターネットビジネスに関する情報を発信しています。

また、今なら「社畜を脱却し自由な人生を謳歌するための7つの思考」という動画音声もプレゼントしているので、そちらもお受け取りください!

>>今すぐプレゼントを受け取る<<

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

1 個のコメント

  • こんにちは。
    詳しい解説ですね。参考にさせていただきます。
    全てを網羅するのは大変ですが、プラグインなどを活用してみたいと思います。
    ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です