低学歴でも儲かる仕事がしたいのなら、どうせ大手に就職はできないんだからネットビジネスを始めればいいじゃん

低学歴大手就職できないネットビジネス
当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



どうも、ジュークです。

 

まず初めにお断りしておきますが、この記事は「低学歴な俺(私)でも大手企業に就職してお金を稼ぎたい」という人向けの記事です。この時点で興味が湧かなければ、どうぞお気軽にブラウザバックしてください。

 

さて、どうせ会社に就職するのであれば、なるべくお金が稼げる会社に就職したいと思うのが当たり前。一概には言えませんが、「大企業=高収入」の傾向にあるので、将来的にお金を稼ぐことができる会社に入りたいのであれば、大企業を目指すことになります。

しかし、大企業に入るには学歴という壁、「学歴フィルター」という現実があります。

低学歴大手就職できないネットビジネス

出典:topicks.jp

 

となると、低学歴の人は高い収入を得ることを諦めなければならないのでしょうか?

断言します。

そんなことはありません!!

 

今回は、低学歴の人でも高収入を得ることができるチャンスは十分にあるという話をしていきます。

低学歴の人が高学歴の人よりもはるかに高い収入を得ることができる。

その方法とは・・・?

 

僕は高学歴ですが、学歴を捨てました

「低学歴の人が高学歴の人よりもはるかに高い収入を得ることができるという話をしていきます」と言った僕自身がいったいどんな人物なのかわからなければ、今からの話になんの説得力もないので、軽く僕の素性をお伝えしておきます。

実は、僕は今も早稲田大学という国内の私大ではトップレベルの学校に通っており、高学歴の人間に分類されます。

「いや、そしたらこの話なんの説得力もでないやんけ!」と思う方もいるかもしれませんが、僕は学歴を捨てました。

低学歴大手就職できないネットビジネス

出典www.jojo-builder.com

 

学歴を活かして就職をするつもりはありません。要は、起業して自分でお金を稼ぐという選択肢を選びました。

いったいどんな仕事をしているのかは、後述しております。

なので、僕の場合は、低学歴どころか“無学歴”。そんな人間の話だということを前提に、話を聞いてください。

 

やっぱり存在する!低学歴が大手企業に入ることができない「学歴フィルター」という現実

会社に入って高い収入を得たいのであれば、潤沢な資金をもつ大企業に就職する必要があります。

しかし、残念なことに大企業はそもそも高学歴の人しか採用しない傾向にあり、学歴フィルターが存在します。

  • 学歴が低い人が説明会の参加をしようとすると、「満席」と表示され、参加することができない
  • 低学歴だと履歴書の時点で弾かれ、面接にまで辿り着かない

 

実際、メガバンクに勤めている先輩に話を聞いたところ、「会社の人間は東大、京大は当たり前。早稲田、慶應でも落ちこぼれの部類。」と言っていたので、高収入を得られる大企業に入るためには学歴が必須と言えます。

 

いったいなぜ高学歴じゃないとダメなのか?

「人を学歴だけで判断するなんて本当頭悪いわ〜、低学歴でも優秀な人材はいくらでもいるでしょ」と思った人もいると思いますが、もちろんその考え自体が間違っているわけではないと思います。むしろ、その考え自体には僕も賛成。いわゆる、高学歴でなくても優秀な知り合いの方を多く知っているので。

しかし、大企業が高学歴の人間しか採用しないという考え方もわかります。

 

だって、“人を雇う”って相当なコストですからね。

月給30万円を払っているとしたって、年間で約400万円。しかも、最初の3年間は会社の売り上げにほとんど貢献しないと言われていますから、1人雇うのに3年間分の約1200万円は無駄にかけるということになります。そこから成長して企業に貢献する人材になってくれればいいですが、全員が全員会社に貢献できる人間になるわけではありません。

そう考えたときに、会社側からしたらなるべく将来性のある優秀な人間だけ雇いたいと考えるのが普通。その基準の一つが学歴となるわけです。

 

もちろん高学歴=優秀な人間とは言いませんが、高学歴の大学に入るためには、かなりの時間を勉強に費やさなければなりません。実際、僕も受験勉強期間の約1年ほど、毎日10時間以上は勉強に時間を費やしました。

高学歴=優秀とは言えませんが、高学歴=1つのことに没頭し、実際に結果を出すことができる(限られた募集枠に合格する)ということは言えます。

これは企業側からしたら、大きな判断材料の一つとなるでしょう。なので、大手企業は学歴フィルターをかけ、将来有望そうな人間に絞って、就活生を採用しているのです。

 

低学歴だと高収入の人生を送ることを諦めなければならないのでしょうか?

  • 高収入=大企業
  • 大企業=高学歴

という今さら説明するまでもない図式を理解したところで、低学歴の人は高収入の人生を諦めなければならないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません!!

 

前述の通り、僕は早稲田大学という高学歴の学歴を捨てました。

大企業に就職し、安定的に高収入を得られる人生を送るという選択肢を捨て、いったいどのような人生を選んだかと言うと、インターネットビジネスで起業するという道を選びました。

 

インターネットビジネスで起業、つまり、「会社から給料をもらう」ではなく、「自分の力でお金を稼ぐ」という道です。

自分の力でお金を稼ぐということは、会社に就職するわけではないので、学歴なんて一切関係ありません。

また、自分がやればやるだけ収入も伸びていくので、収入に限界がありません。実際、今月は月収60万円ほどになる予定で、大学に通いながら他の会社員の約3倍もの収入を得ることができています。

 

「学歴が関係なくなってきている」ということをチラホラ聞いたこともありますが、それは「学歴が関係ない=低学歴でも問題ない」という意味ではありません。「学歴+αが必要になっているよ」という意味です。有名な企業に入社したいのであれば、学歴に加え、さらに人間的魅力が必要となってくるという低学歴の人にとってはさらに絶望的な時代となってしまいました。

そんな人でもお金を稼いでいくためにはどうすればいいのか?その答えは一つ!!

自分でお金を稼ぐしかありません!!

 

「学歴、年齢関係なく戦える世界」があることをもっと多くの人に知ってほしい

僕もネットビジネスに出会うまでは、漠然と「有名な企業に入りたいな〜」と思っていました。

しかし、あるときにネットビジネス、「学歴、年齢関係なく戦える世界」があることを知り、「ワクワク」が止まらなかったことを今でも覚えています。

低学歴大手就職できないネットビジネス

出典:www.vapejp.net

 

だから、今度は僕がこの情報を伝える役目を担いたいと思っています。

もし僕がたまたまネットビジネスを知ることがなかったら(出会いはYoutubeを見ていたら広告が流れてたまたまクリックしてみたというレベルのたまたまさだったw)、恐らくそのまま会社に就職し、なんの夢も希望もないまま過ごしていたことでしょう。

限られた給料に不満を言いながら、つかえない他の社員の愚痴を仲間うちで話し、休日は疲れた体を癒すために好きな漫画を1日中読みふける、そんな日々を送っていたかと思います。

 

しかし、ネットビジネスに出会い、「自分の能力だけで戦える世界」に飛び込んだことで一気に僕の世界は開けました。

暇があれば自分のスキルを磨くために勉強するし、時間のつかえる限り記事を作成し、無駄と思える時間は全部捨てました。

 

低学歴だけど、お金を稼ぎたいという方がこのまま普通に会社に就職しても自分の思い描く未来を実現できないまま時間だけが過ぎていき、「ああ、俺(私)の人生ってこれでいいのだろうか?」と、思い悩むだけだと思います。

そんな未来を打破したいのであれば、ぜひ「自分でお金を稼ぐ能力」を身につけてみてください。

 

ネットビジネスにはいくつも種類がありますが、僕がやっているのはブログでアクセスを集める「ブログアフィリエイト」という手法です。

ネットビジネス初心者の第一歩!ブログアフィリエイトとは?

2016.01.16


この記事を「面白い!!」と思っていただけた方へ

今回の記事を読んで、「もっと話を聞きたい」って思っていただけた方は、下記の無料メルマガにご登録ください。

そちらではブログには書いていないようなさらに濃い話であったり、僕が実践しているインターネットビジネスに関する情報を発信しています。

また、今なら「社畜を脱却し自由な人生を謳歌するための7つの思考」という動画音声もプレゼントしているので、そちらもお受け取りください!

>>今すぐプレゼントを受け取る<<

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

1 個のコメント

  • この国(日本)は高学歴だけが貴族、『大学受験で頑張れば出世と高収入の順番が周ってくるのを待ってるだけでいいんです。-学歴は順番待ちの列に並ぶ権利を貰うチケット-そのものなんですね。
    学歴を得る努力以外は努力と言えないし、時間と労力の無駄遣いでしかない。
    また、学歴で選抜すれば高学歴には身分の保証と低学歴には頑張らない言い訳と、双方に都合が良いからいつまでもなくならない。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です