お金の使い道に悩む大学生へ人生の選択肢を増やすお金の使い道

大学生お金使い道

どうも、大学生起業家のジュークです。

 

「お金を稼いでも結局使い道がわからん」と、お金の使い道に悩んでいる大学生の方は多いのではないでしょうか?

せっかく稼いだお金、無駄にはつかいたくないですよね?

ということで、今回はお金の使い道に悩む大学生に僕からのアドバイスを送りたいと思います。

 

大学生は主にどこにお金をつかっているのか?

一般的な大学生のお金の使い道はこのようなデータが出ています。

大学生お金使い道
出典:http://www.tnews.jp/

 

一番多いのが、圧倒的に外食代ですね。

2番目に多い洋服代の倍以上つかっています。

2番目以降は洋服代、自炊代、娯楽・交際費と続いていますね。

 

大学生は浪費が多すぎる

大学生お金使い道
出典:matome.naver.jp

お金には全部で3種類の使い方があります。

詳しくはこちらを参照ください。

>> 大学生や20代でもできるおすすめの自己投資とは?

 

大学生のお金の使い道のデータを見ると、浪費があまりにも多いです。

浪費とは、必要のない無駄な支出のことで、必要以上の食費、ギャンブル代、ブランドものの洋服代などが浪費にあたります。

浪費は、「使ったお金>得られる価値」となります。

 

大学生のお金の使い道の割合の多くを占めている、

  • 食費(外食代)
  • 洋服代
  • 娯楽・交際費

これらは全て浪費に当てはまります。

 

浪費は、「使ったお金>得られる価値」となるので、要は無駄遣い

なぜなら、ちょっと良いディナーを食べたからって何も得ることはないですよね?

ちょっと高級なブランドの服を買ったからって別に何も得ることはないじゃないですか?

 

このように、浪費にお金をつかっていてはせっかく稼いだお金をドブに捨てるようなもの。

非常にもったいないのです。

 

しかし、これはしょうがないことです。

なぜなら、誰も有効なお金の使い方を教えてくれないから。

 

大学で授業するならどうせならこういうことを教えたほうが面白いと思うんですよね。

日本と中国の近代史なんて今さら何の価値があるんだよって話。(最近、この授業受けました。ずっとPC叩いてましたが)

それよりも「大学生の内に絶対に身につけておかねばならないヤバすぎるお金の使い方」とかいう授業があったほうがよっぽど学生のためになるんじゃないかなぁと思う今日この頃。

 

大学生は何にお金をつかうべきなのか?

大学生お金使い道
出典:henhouse1970.blog74.fc2.com

では、いったい何にお金をつかうべきなのかというと浪費ではなく、投資にお金をつかうのが良いです。

投資とは、自分の成長のために資本を使うことで、本を読んだり、自分が学びたいセミナーに行くことを指します。

「使ったお金<得られる価値」となるのが投資です。

(ここで言う投資とは、株や不動産などの投資ではなく、自分自身に投資することを指します)

 

投資は、「つかったお金<得られる価値」となるので、つかったお金が無駄になりません。

本を読んで得た知識は、一生涯失うことはないので、一生の財産となります。

セミナーで学んだ特定のスキルは、あなたが将来仕事をする時に活きる財産となります。

 

このように、投資はつかったお金以上の価値を得ることができるので、浪費につかうお金を抑え、投資にどんどんお金をつぎ込むべきだと僕は思うわけです。

実際、僕は無駄な外食なんてほとんどしないし、服もほぼ毎日スーツで出るので、次々新しい服を買うこともありません。

そんなことにお金をつかうよりも、自分のビジネスを成長させるためにお金をつかったり、セミナーに行って新たな知識を学んだり、人脈を作ったりしたほうがよっぽど価値があると思っているからです。

 

今から究極の自己投資をしてみてはいかがだろうか?

大学生お金使い道
出典:casinohole.com

もし、ここまで読んでもお金の使い道に迷っているなら、究極の自己投資をしてみてはいかがだろうか?

何が究極の自己投資かは人それぞれですが、僕がお伝えする究極の自己投資は、“自分でお金を稼ぐ能力”

 

理由はとても単純で、お金はないよりあったほうがいいから。

確かに、お金が全てだとはいいません。

しかし、お金がないよりあったほうがいいというのは事実です。

 

なぜなら、お金があると人生の選択肢が増えます

僕は大学在学中にネットを活用して月収40万円を広告収入で稼ぐ能力を身につけました。

そのおかげでこれからの選択肢がかなり増えました。

 

特に、大きいのが就職をしなくて済んだということ。

僕は、ある時から会社に就職するということに疑問を感じていました。

  • 向こう50年間自分の自由を奪われるなんて信じられない
  • 尊敬もできない上司の元につくなんて有り得ない
  • どれだけ華々しい成績を叩き出しても一定の収入しかもらえないなんてどうかしてる

 

“自分でお金を稼ぐ能力”を伸ばすことに投資し続けたことで、”就職せずに自分の力で生きていく”という選択を選ぶことができるようになりました。

しかし、”自分でお金を稼ぐ能力”がなければ、僕が選んだ選択をすることはなかなかできないでしょう。

生きてく上でお金を稼ぐことは必須となるので。

 

もし、僕の話に共感し、”自分でお金を稼ぐ能力”に投資をしていきたいと思ったなら、僕の無料メルマガに登録しておいてください。

今なら「社畜から脱却し自由に人生を謳歌するための7つの思考」をプレゼント中です。

>> 無料メルマガに登録する


大学生時代に月1,000万稼いで会社に勤めず超自由な人生を手にした話

僕は大学生時代にインターネットビジネスで月に1,000万円を稼ぎ、会社に依存することなく自由に人生を送る術を身につけました。

そのために必要な考え方やインターネットビジネスのノウハウを無料メルマガにて公開しているので、興味のある方はこちらをどうぞ!

今なら登録者限定で「社畜から脱却し自由に人生を謳歌するための7つの思考」という動画音声をプレゼント中!

大学生お金使い道

1 個のコメント

  • こんにちわ
    ランキングからきました。
    わたしは大学にいっていませんが、高専卒です。
    小遣いで使うのは食費が多かったですね。
    昼飯も間食、休日に友達と外食とか。
    娯楽はそんなにつかわなかったな。
    いま思うと、ためるとか、定期預金するとか
    なにかしらできたのではないかと思いますが
    当時のわたしにはそんな頭はなかったです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です