新社会人の入社日に「懲役40年」って言葉がトレンドになったらしいよ!じゃあ、会社入んなきゃいいのにね!

懲役40年社会人
当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



「懲役40年」

という言葉を聞いたことがありますか?

 

僕は最近この言葉を知って、「へぇー、そんな言葉あるんだ」って感じで詳しく調べてみたんですが、なるほどなぁーって感じ。

まあ、こういう言葉がトレンドになるのも今のこのなんとも言えない閉塞的な空気感を象徴しているのだと思いますが、「だったらさぁー」って僕は言いたくなる。

 

2017年4月3日「懲役40年」というキーワードがTwitterのトレンドに

普段からTwitterをやっている方はご存知だと思いますが、Twitterには「トレンド」といって、「その日よくTwitterでつかわれているキーワード」が表示される機能があります。

例えば、この記事を書いている2017年4月12日のトレンドはこんな感じ。

uhgua

 

ちょうど真央ちゃん引退があったので、「真央ちゃん」がトレンドにあがっていますね。

そんな感じで、Twitter上でよくつかわれているキーワードが表示される機能が「トレンド」です。

 

Twitterでよくつかわれる=今の流行りということになるわけですが、2017年4月3日のトレンドに「懲役40年」というキーワードがあがっていました。

懲役40年社会人

出典:ついラン

 

ちなみに4月3日は新社会人の入社式の日

この日にこういったキーワードがトレンドにあがってくる時点で今の時代の空気感を物語っている感じがします。

 

「懲役40年」という言葉が表す今の空気感

「懲役40年」。

この言葉は、これから勤めることになる会社での生活を揶揄した言葉

「会社なんて刑務所と変わんねぇわ!!」という心情からくる言葉なのでしょう。

 

まあ、なんともうまい表現だなぁ〜と、個人的には思ったのですが、懲役40年という言葉がTwitterのトレンドにあがったことに対して社会人のみなさまお怒りのご様子。

  • 「自分がまともな企業に勤められなかったからって他人も全員そうだと思うなよ」
  • 「40年も同じ会社でちゃんと給料もらえて働けると思ってるのか……?」
  • 「社会人になって見識を広め、社会を学び、時間の大切さを知り、その上で有限である自由な時間を何に使うかってのが重要 懲役40年って本気で思ってる人は自分で何も出来ない指示待ち人間のになりそう」
  • 「入社して懲役40年だとか言うなら最初から就活しないでいいよ。本気の人に迷惑よ」
  • 「懲役40年とか言ってる社会人の後輩にはなりたくないなぁ」

 

いやはや、社会人の皆様、なかなか厳しいご意見。

 

でも、新・社会人がこういう言葉を言いたくなるのもわかります。

だって、サラリーマンになってしまったらどう考えたって楽しそうな未来を描けるわけがないですしww

 

平日朝8時台の電車に乗ってみてくださいよ。

新・社会人になるみなさんの10〜20年後の未来の姿がたっくさん見れますから。

で、彼らの顔をよ〜〜く見てみてください。

めちゃめちゃつまらなそうな顔してるでしょ??

そりゃ、「懲役40年」って言いたくもなりますよ。

 

だから、頭ごなしに「懲役40年とか言うなら就職するんじゃねぇ!!」とか言わないでほしいと思うんです。

少なからずそう言ってるあなた方にも責任はあると僕は思っているので。

 

新・社会人が「懲役40年」と思ってしまうのは、すでにサラリーマンの先輩方が楽しそうにしていないからですよ。

先輩=数年後の自分なわけですから、そりゃあ先輩方が楽しそうにしていなかったらウキウキな気分で会社に入れるわけがない。

だから、懲役40年発言を叩いてる方々だって一方的に叩くのは僕は違うと思う。

 

まあ、でもこれは一生解決できない問題なんだよ

とは言ってもこの手の話はどうにもならないと思います。

確かに、「社員が満足するような職場作り」を重視している会社も少なからずあるとは思いますが、それが広まっていくことはないでしょう。

なぜなら、会社にとって社員は「ヒト」ではないから。

 

会社にとって社員は利益を生み出すリソースです。

それと同時に人件費を支払う経費でもあります。

会社の使命は当然ながら利益の追求。

そのためには、リソースをフル活用しつつ、経費はなるべく抑える必要がある。

 

なので、会社的にはなるべく社員を長く働かせ、給料を安くできる状況が理想なわけです。

で、社員側からしたら「ふざけんじゃねぇ!!」という話になるわけですが、冷静に考えてみてください。

会社はそうしないと利益が縮小してしまうわけで、利益が縮小し続けると会社は倒産してしまいます。

なので、会社と社員の間には究極のジレンマが生じているわけです。

 

会社が存続するのに利益が必要になる以上、「懲役40年」が解消されることはありません。

なので、基本的にこの問題が解決することはないと思ったほうがいいです。

 

この問題を解決できる唯一の方法が・・

だから、この問題の解決策を会社に求めるのはやめにしましょう

いくら労働環境の改善や昇級を訴えてもそれに応えてくれる会社はまれです。

なぜなら、会社は社員のことをヒトとして見ておらず、リソースと同時に経費であると考えているから。

 

じゃあ、どうすればいいのかと言うと答えは単純。

懲役40年社会人

 

いや、これまじでね。

だって、今の時代自分で仕事始めるのなんて全然難しいことじゃないですよ。

僕も大学生のときにインターネットビジネスを始めて、それで最高月収1,300万円稼ぐことができましたし。

 

会社に期待なんかできないんだから、自分で頑張るしかないっす。

「懲役40年」なんて言ってないで、さっさと脱獄する準備を始めていきましょ!

 

インターネットのおかげで起業なんて超簡単な時代

ぶっちゃけ昔は起業なんて超難しかったと思いますよ。

実業の起業となると、そもそも立ち上げのための資本が必要だったりするし、コストだってかかってくる。

「金がないとできない時代」だった。

 

しかも、金をかけるってことはダメだったときに借金になる可能性もある。

個人的には別に借金になるからどうってことはないですけど、そこにビビって一歩踏み出せないって人もいるでしょう。

 

でも、今はインターネットビジネスで起業できます。

インターネットなら、無資本ノーコストで実践できるので、「とりあえずやってみっかー」感覚でスタートできてしまうってのが魅力です(僕は最初はそれくらいのノリでしたし)。

 

にも関わらず、うまくやればサラリーマンの数倍の稼ぎを得ることができるようになることだってできる。

どうです?美味しくない??

 

だから、もし「一生サラリーマンのままなんて嫌だ!!」って思っているのであれば、インターネットビジネスで稼げるようになっておくといいですよ。

ちなみにPC1台あればどこでも実践できるので、副業でだって余裕で実践できる

とりあえず会社に入社して、まずは副業としてインターネットビジネスを始める。

で、ある程度稼げるようになったら脱獄という選択肢も全然ありでしょう。

 

さあ、さっさと会社をやめる準備しちゃいましょ!

 

「サラリーマン以外の選択肢にない」っていう前提がアカンのよ

僕の周りもそうでしたが、みんなお決まりのようにサラリーマンになりますよね?

なんでそんなにサラリーマンが人気なんですかね??

そもそも「サラリーマンが当たり前」みたいな空気感もどうかと僕は思います。

 

幸い、ここで他の生き方も知れたと思いますので、これからの懲役生活に耐えられないと思っているのなら、ぜひ自分で仕事を始めちゃってみてください。

あ、今ならこちらのメルマガでインターネットビジネスに関する情報を無料で発信しておりますので、興味があればどうぞ!

 

ちなみに実際に囚人と社畜の比較表もありましたw

懲役40年社会人

出典:https://togetter.com/

 

こうやって見てみると、「懲役40年」とは本当にうまく言ったものだと思わされますww

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

1 個のコメント

  • 非常に、参考になるコンテンツですね♪

    考え方に共感致しました。

    自分も現状を必ずいい方向に向けるために勉強中なので、

    勉強させて頂きますね(^-^)

    ありがとうございます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です