【書評】沈黙のWebライティングの感想は「基準値が超絶上がる1冊です」

沈黙のwebライティング感想

マーケティングとかコピーライティングのための教材はたくさんあって、優秀な教材も多いですが、Webライティングの王道の教科書って少ないと思いませんか?

 

「僕もWebライティング王道の教科書ってなにかないかな〜?」と、思って探してみたのですが、なかなか見つからず。そこでSEOに詳しい友人に聞いて紹介されたのがこの1冊。「沈黙のWebマーケティング」だったわけです。

 

早速この本を読んでみたところ、確かに良い。Webライティングに必要な基礎知識が散りばめられているので、「コンテンツ作りの基礎がまだしっかり身についていない」という人には絶対的におすすめの1冊です。

 

また、僕がこの本を読んで感じた、みなさんに気づいていただきたい大事なポイントも記事内でお伝えしているので、こちらの本を買う際の参考にしてみてください。

 

この作品の概要

【SEOのためのライティング教本の決定版! 「成果が上がる」文章の書き方がわかる!】

Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を解説した実用入門書。謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。
本書はWeb上で連載され、大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える特別解説(約100ページ)を加えました。
特別解説は、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。Webサイトやブログの記事だけではなく、ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!

https://booklive.jp/より引用

 

沈黙のWebライティング4つの特徴

沈黙のWebライティングをリリースした会社は、「ウェブライダー」というWebマーケティングをメイン事業に据えている会社。「コンテンツマーケティングを重要視している会社」とあって、本の作りも普通ではありません。読みやすい工夫が随所に施されているので、さすがと言ったところ。

 

1.「賢威」でお馴染みの「ウェブライダー」が執筆

沈黙のWebライティングは、Webマーケティング会社「ウェブライダー」が執筆した作品。ウェブライダーといえば、超有名テンプレート「賢威」を開発した会社です。

 

あの会社は、Webマーケティングを事業としてやっていて、運営している「ナースが教える仕事術」というサイトは、競合が多いキーワードにも関わらず、軒並み1位を獲得し、ベラボーにアクセスを集めることに成功しています。

 

ウェブライダーは、以前「沈黙のWebマーケティング」という書籍を出版し、それがかなり売れていたので、そっちは知っている人が多いんじゃないかな?今回、その続編として、ウェブライダーが駆使しているWebライティング技術を1冊にギュッと凝縮した書籍、沈黙のWebライティングをリリースしたわけです。

 

2.ブログの記事作成の要である「Webライティング」を学べる

僕がブログアフィリエイトを2年半以上実践してきて思ったのは、「コピーライティングの教科書は多いけど、ブログライティングの教科書って少ないよね」ということ。「文章作成能力」というくくりでは同じですが、コピーライティングとブログの文章作成は、必要な力がまったく異なります

 

「ブログアフィリエイト=記事を書く仕事、だったら、やっぱりコピーライティングって必要だよね!!」と、思って、いきなりコピーライティングの勉強を始める人がけっこういますが、それは大きな勘違いブログにアクセスを集めるためのライティングとコピーライティングは、まったくの別物です。

 

コピーライティングは、「人を行動させるための文章」ですが、ブログライティングに求められるのはそういった書き方ではありません。「ブログに人を集める文章の書き方を学びたい」という方は、ぜひ手に取ってみてください。

 

3.漫画風の構成でサクサク読める

沈黙のWebライティングの中身を開いてまず印象的だったのが、話が会話形式でサクサク進むという点。

沈黙のwebライティング感想

 

しかも、なにこの独特なキャラ設定ww

沈黙のwebライティング感想

 

本の中でも語っていますが、「漫画のような会話形式の進め方は、読者を飽きさせない」という効果があります。そのノウハウを書籍にも応用してくるあたり、さすがと言ったところ。そのおかげで、総ページ数635と、超大ボリュームですが、2〜3時間程度でサクサク読み進めることができました。

 

4.業界の最新情報を学ぶことができる

この本がリリースされたのが2016年11月。現在、2016年12月20日なので、掲載されている情報はかなり鮮度が良いもの。アフィリエイト業界は、光速でノウハウが進化していくので、古臭〜〜いノウハウはほぼほぼ役に立ちません。実際、僕がこの業界に入った2014年2月に比べ、現在は明らかに全体のレベルが上がっていますからね。

 

「最新の情報を常に取り入れたい」と、思っているのなら、こちらの本は必携ですよ。とは言っても、この記事を読んでいる時期によるというか、この本もいつかは「カビの生えた古臭い本」になってしまうのですがね。

 

沈黙のWebライティングで学べること

で、気になるのはやっぱりその中身でしょう。「この本にはいったいどんなノウハウが書いてあって、どんなことを学べるのか?」という部分が一番気になるところかと思います。

 

と、いうことで、この本を読んで学ぶことができるノウハウを、すべてはわからない程度にお伝えしていきます。あまり伝えすぎても実際に読んだときの楽しみが半減してしまうと思いますので、続きが気になる方は、ぜひご自身の目でお確かめあれ!

 

学べる内容をざっくりまとめる

こちらの本を読んで学べる内容をざっくりまとめるとこんな感じ。

ジューク
  • SEOを意識したコンテンツ作りのカギ
  • USP(独自の強み)をもつコンテンツの作り方
  • ユーザーが読みやすい文章の書き方
  • 論理展開の明瞭な文章の書き方
  • オウンドメディアを作るのに必要な考え方
  • ライターの育成方法
  • バズ(SNSなどで話題になること)の引き起こし方

 

学べるのはここらへんですね〜。正直、後半部分はオウンドメディアの色が強くなってくるので、我々個人部レベルのアフィリエイターは必読ではありません。

ただ、前半部分の

  • SEOを意識したコンテンツ作りのカギ
  • USPをもつコンテンツの作り方
  • ユーザーが読みやすい文章の書き方
  • 論理展開の明瞭な文章の書き方

は、必読。ここらへんの知識は、ブログアフィリエイターとして必ず知っておかないといけない部分になりますね。

 

では、それぞれで学べるノウハウをちょびっとずつネタバレしていきます。

 

SEOを意識したコンテンツ作りのカギ

このパートでは、「検索エンジンで上位表示するために意識すべきこと」をひたすら叩き込んでくれます。検索エンジンの上位化で必要になる意識は、「Googleが掲げるポリシー」です。

 

Googleも企業なわけで、検索エンジンはボランティアでやっているわけではありません。ガッツリビジネス、お金を稼ぐためにやっています。なので、Googleに乗っかってビジネスをやっている我々もそこらへんを理解しないといけない。

 

つまり、「Googleが運営する検索エンジンに利益をもたらすコンテンツを作らないといけない」わけです。そこがSEOのキモ。沈黙のウェブライティングでは、そこらへんのSEOのキモ中のキモ部分をガツンと説明してくれます。

 

USPをもつコンテンツの作り方

USP=自分独自の強みという意味です。つまり、ブログアフィリエイトに置き換えると、「自分のサイトだからこその強み」。「自サイト独自の武器」と言ってもいいでしょう。

 

どのジャンルでブログを作るにしても、競合するライバルサイトはあるわけで、ユーザーは自分のサイトと他のサイトを比較することになります。その際、自サイト独自の強み、つまり、USPがあると強い。

 

他サイトにはないキラリと光る独自の強みがあれば、より多くのユーザーに選ばれ、検索エンジンからの評価も高まっていきます。USPがあると、検索エンジンから集客する際、「ロトの剣」ばりに非常に強力な武器となってくるわけです。

 

ただ、それだけ強力な武器にもなると、当然ながら入手難易度も高め。「確かに自分独自の強みがあるといいのはわかるけど、それってどうやって見つけたらいいの?」と、悩んでしまうことでしょう。沈黙のウェブライティングでは、USPを見つける際の基本的な考え方を紹介してくれているので、ぜひUSP探しの参考にもしてみてください。

 

ユーザーが読みやすい文章の書き方

検索エンジンで上位を目指す際に欠かせないのが、「ユーザーに優しいコンテンツ作り」という視点。Googleの検索エンジンは、「よりユーザーの満足度を高めるコンテンツを表示させる」という使命があるので、「ユーザーが読みやすいコンテンツ」でなければ、Googleから嫌われるコンテンツとなってしまいます。

 

沈黙のウェブライティングの面白かった点は、「人間がもつ2パターンの思考を踏まえたコンテンツ作り」をしていた点です。人間がブログの記事を見るとき、2パターンの思考をもっており、そのどちらの思考にも刺さるようなコンテンツ作りを心がけなければなりません。

 

「ユーザーがもつ2パターンの思考はいったいなにか?」、そして、「ユーザーに優しいコンテンツ作りのノウハウとはいったい!?」と、思ったあなたは、もうこの本を手に取るしかありません。

 

論理展開の明瞭な文章の書き方

論理展開の破綻した文章ほど説得力のない文章はありません。そういった文章では、当然ながらユーザーからの信用を勝ち取ることはできません。むしろ、「この文章、説得力ねーし、もう2度と読まねーわ」と、アンチを生み出すことにつながりかねません

 

ただ、「論理的な文章っていったい・・」と、論理的な文章そのものがわかっていない人も少なくないのではないでしょうか?沈黙のWebライティングでは、論理的な文章を書くために必要になる要素を細かく解説してくれるので、論理的な文章の書き方も教えてくれます。

 

この本を読んで僕が感じたもっとも重要なこと

で、実はここが一番伝えたったことで、これからこの本を読む人も、すでにこの本を読んだ人にも感じてもらいたいことになります。

 

それがこちら・・

 

ジューク

SEOのプロの基準値ってやっぱりハンパねぇぇ

 

ということ。

 

まず、僕の目に留まったのが、「コンテンツを作る準備段階で作成していたマインドマップ」

あるキーワードで記事を書く前に、

  • ユーザーのニーズ
  • ライバルサイトが書いた内容

などを細かく作っていたのですが、「ここまでやるか・・」と、思わされるほどの作り込みようでした。まさに「コンテンツSEOの深淵を見せつけられた」というか・・。「やっぱりプロはここまでやるのね」と、思わされる作り込みでした。

 

次に目に留まったのが、ウェブライダーが手がけている「ナースが教える仕事術」というサイトのクオリティの高さ。いやぁ〜〜、やっぱりサイトの作り込みのレベルが違うなぁ、と。これを見ているあなたもぜひ一度見てみてください。自分が作っているサイトがゴミくずのように思えるはずですから笑。

 

と、いうことで、一番勉強になったのは、「プロの基準値を知れた」ということ。そして、「この基準値にどんどん近づけていかなければいけない」と、思わされたこと。

 

ぜひ、その基準値を感じ取っていただきたいので、「自分もコンテンツマーケティングの深淵を垣間見たい」という方は、ぜひこちらからどうぞ!

 

他の人の口コミはこちら

本を買う際、「俺は絶対口コミを見んと気が済まんのや〜!!」という人もいるでしょう。と、いうことで、他の人の口コミもこちらに掲載しておきましたので、ご参考ください。

 

作り込まれているコンテンツだなぁと感心してしまう。分かりやすくて面白い。自分ももっと面白いコンテンツを作りたくなる。

https://booklive.jp/より引用

 

HPやブログのWebライティングの参考になりました。ただ単なるテクニックではなく、もっと深くて大切な物に触れられた様に感じました。読みやすく、しかも参考になる、本当に素晴らしいです。

https://booklive.jp/より引用

 

Webライティングの概要について全体像を掴むために有効な1冊。初心者向けで、既にWebで文章を書くことに慣れている人には物足りないかもしれない。

https://booklive.jp/より引用

 

まとめ

「Webマーケティングのプロの基準値を知れる」という意味では本当に勉強になる一冊です。アフィリエイトを実践している方なら、ぜひ一度は手に取って読んでみてください。

 

今回の記事が「面白い」と思ったら・・

現在、無料でメールマガジンを発行しています。ブログ以上に密度の濃い情報を発信していますので、「今回の記事が面白い」と、思っていただけたなら、こちらからご登録ください。

 

今なら「社畜から脱却し自由な人生を送るための7つの思考」という動画音声をプレゼント中!


大学生時代に月1,000万稼いで会社に勤めず超自由な人生を手にした話

僕は大学生時代にインターネットビジネスで月に1,000万円を稼ぎ、会社に依存することなく自由に人生を送る術を身につけました。

そのために必要な考え方やインターネットビジネスのノウハウを無料メルマガにて公開しているので、興味のある方はこちらをどうぞ!

今なら登録者限定で「社畜から脱却し自由に人生を謳歌するための7つの思考」という動画音声をプレゼント中!

沈黙のwebライティング感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です