ブログアフィリエイトで質の良い記事を書きたいなら顕在ニーズと潜在ニーズの理解がマスト

当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



ブログアフィリエイトで稼ぐために必須なことといえば・・・

「質の良い記事作り」になるわけですが、「良い記事書こうー!!」と思っても絶対に良い記事は書けないわけです。

 

質の良い記事作りに欠かせないのが、記事を書く前の準備。

ぶっちゃけこの準備の段階で、質の良い記事が書けるかどうかが8割方決まってきます。

 

ちなみに

狙うキーワード決めたぞー!!

記事を書き始める

今までこの流れで記事を書いていた人はアウトなので、ぜひ今回お伝えする考え方を理解しておいてください。

 

質の良い記事作りに絶対に欠かせないこと

質の良い記事作り・・

そもそも「質の良い記事」ってなんなのでしょう?

 

この答えは、「ユーザーのニーズを120%満足させる記事」のことです。

Googleが求めるコンテンツは、ユーザーのニーズを満足させるものです。

ユーザーのニーズを満たすコンテンツで上位を占めれば占めるほど、ユーザーからしたら検索エンジンの利便性が高まり、検索エンジンをつかう機会が増えるので、Googleはユーザーのニーズを満たすコンテンツを求めます。

なので、我々も目指すべきは検索ユーザーのニーズを満たしまくるコンテンツということになります。

 

ここまで言えばもうおわかりでしょう。

質の良い記事作りに欠かせないことというのは、「ユーザーのニーズを徹底的に掘っていく」ことです。

 

なので、

狙うキーワード決めたぞー!!

記事を書き始める

という流れではダメで、

 

狙うキーワード決めたぞー!!

ユーザーのニーズを探るぞー!!

記事を書き始める

という流れでないとダメなのです。

 

キーワード=ユーザーの気持ちを言語化したもの

まず大事なのが、キーワードを決めてからいきなり記事を書き始めるのではなく、「ユーザーのニーズを探る」という工程を踏まないといけないということを知ることです。

そして、その次に知っておいてほしいのが「ニーズの探り方」。

 

ただ、これは簡単です。

「キーワードから考える」これでOKです。

 

ブログアフィリエイトで記事を書く際、「このキーワードで上位を狙おう」と狙うキーワードを決めていくわけですが、そのキーワードこそ検索者のニーズになります。

顕在ニーズ潜在ニーズ

 

そう捉えてください。

例えば、こういったキーワードを狙うとしましょう。

「黒シャツ コーデ メンズ 春」

 

こういったキーワードで検索するユーザーのニーズはわかりますか??

キーワードは、検索ユーザーの気持ちが言語化されたものです。

機械的に検索キーワードを打ち込んでいるわけではなく、その裏にはなにかしらの意図があってキーワードを入力しています。

なので、キーワードから逆算することで、ユーザーのニーズを完璧に把握することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンズ
そろそろ春やなぁー。ワイ黒シャツ着ること多いんねんけど、実際黒シャツってどんな感じで合わせるんがベストなんやろ?ほな検索してみまっかー!

これが検索ユーザーのニーズになります。

 

つまり、「黒シャツ コーデ メンズ 春」で記事を書くのであれば、上記のニーズに応えればOK・・

ではないのです!!

 

実はこれだけではまだまだ甘いです!!

真に良い記事を書くためには、もっと深いところまでニーズの深掘りをやっていかなければダメです。

実は、ニーズには2種類のニーズがあることをご存知でしたか??

 

ニーズには顕在ニーズと潜在ニーズの2種類がある

確かに先ほど示したニーズも間違いなく検索者のニーズです。

ただ、それだけでは不十分。

人間の心情は複雑だということは言うまでもないですよね?

 

「黒シャツ コーデ メンズ 春 」というキーワードへのニーズが

メンズ
そろそろ春やなぁー。ワイ黒シャツ着ること多いんねんけど、実際黒シャツってどんな感じで合わせるんがベストなんやろ?ほな検索してみまっかー!

であり、「春におすすめした黒シャツを活かしたメンズコーデ」的なコンテンツがバッチリハマるのは間違いありませんが、これだけではまだまだ不十分なのです。

これはまだ顕在ニーズを拾っているに過ぎません。

 

検索者がもつニーズには2種類のニーズがあります。

  • 顕在ニーズ
  • 潜在ニーズ

読んで字のごとく、顕在ニーズは「思いっきり見てわかるニーズ」で、潜在ニーズは「表には出ていないけど、密かに潜んでいるニーズ」のこと。

顕在ニーズ潜在ニーズ

 

先ほどの

「黒シャツ コーデ メンズ 春」

に対しての

「春におすすめした黒シャツを活かしたメンズコーデ」

どちらのニーズに応えているかはわかりますよね??

 

 

 

 

 

 

そう、当然顕在ニーズです。

 

ただ、実際のところは「黒シャツ コーデ メンズ 春」で検索するユーザーには他の潜在ニーズが隠されています。

具体的にどのような潜在ニーズが隠されているのかを見てみましょう。

 

潜在ニーズをグイグイ掘っていきユーザーのニーズを120%満たせ

では、先ほどのキーワードをそのままつかっていきましょう。

「黒シャツ コーデ メンズ 春」に対する顕在ニーズは、

「春におすすめした黒シャツを活かしたメンズコーデ」ですが、

このキーワードで検索するユーザーは他にももっといろいろなことを知りたいはずだと思いませんか?

 

僕が考えた潜在ニーズがこちらです。

顕在ニーズ潜在ニーズ

 

「黒シャツ コーデ メンズ 春」で検索する人は上のニーズももっているのです。

これがキーワードには表れてはいない隠れたニーズ。

ここまで深掘りしていくことで、検索ユーザーのニーズを120%満足させるコンテンツができあがります。

 

なので、質の良い記事作りに欠かせないのはライティング技術とかではありません。

ユーザーのニーズを探る力です。

 

顕在ニーズを見つけることは簡単です。

狙うキーワードからそのまま考えればいいだけですからね。

その裏に隠された潜在ニーズまでしっかり拾えるかどうかで、記事のクオリティにグッと差が出ます。

 

ここまでしっかりと潜在ニーズを拾えれば正直上位表示は余裕です。

拾った潜在ニーズをもとに記事の構成を作り、該当する項目の情報を収集していくだけ。

先ほどのキーワードでいうと、このような構成になります。

顕在ニーズ潜在ニーズ

 

こんな感じでサーッとまずは大きな見出しだけ作っちゃう。

そうすれば、大枠が決まって収集すべき情報もバチっと決まるので、無駄に情報収集を行う必要もなくなり、記事作成スピードも速くなります。

 

こんな風にしてユーザーのニーズを満たすコンテンツを作り続ければ、そのうち間違いなく上位表示してきます。

今一度自分のコンテンツ作りが正しいのかどうかを見直してみてください。

 

潜在ニーズの見つけ方のコツ

慣れてくるとキーワードを見ただけで、ある程度の潜在ニーズを頭の中で思い浮かべることができるようになりますが、いきなり頭だけで考えるのは難しいです。

そんなときはキーワードを減らしてキーワードを探していきましょう。

「黒シャツ」で検索をかけてみると、先ほど僕が考えた潜在ニーズがきちんとキーワード化されているのがわかると思います。

顕在ニーズ潜在ニーズ 顕在ニーズ潜在ニーズ

 

このように、自分がメインで狙うキーワードで検索して、いろいろ見ていくと潜在ニーズがわかってくるようになります。

で、この経験を積み重ねていくと、ある程度キーワードを見ただけで、その周辺の潜在ニーズがわかってくるという感じです。

 

ここまでしっかりとニーズを深掘りして記事を書けば、嫌でも質の良い記事になっていくし、記事ボリュームも自然と大ボリュームになっていきます。

よく「長文コンテンツが好まれる」と言われますが、それは「長文コンテンツを作ろう」という意識から生まれるわけではありません。

このように、ユーザーのニーズの深掘りをしていった結果、長文コンテンツとなっていくのです。

 

ぜひ、ユーザーのニーズを深掘りを極め、ガシガシ上位表示される記事を作っていきましょ〜!

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です