大きな利益が狙える狙い目の仮想通貨3選

SHARE

大きな利益が狙える狙い目の仮想通貨3選

今非常に話題となっている仮想通貨。

2017年の盛り上がり方はすごくて、仮想通貨を買って億り人(投資で1億円の利益を得た人)も続出したようです。

 

一番王道なのはビットコインですが、現在(2017年12月15日)のビットコインの相場は190万円代。

「今買ってもちょっときついんじゃ・・」と思って、これから上がる狙い目の仮想通貨を探している人もいることでしょう。

そこで、今回は狙い目の仮想通貨をいくつか紹介させていただきますので、どの仮想通貨を買おうか迷っている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ビットコインを今から買ってももう遅いのか?

 

ビットコインはもしかしたら今がピークかもしれない

2017年12月15日現在のビットコインの相場は1BTC=190万円代。

「1BTC買うのに190万円が必要」ということなので、「ちょっと今からだと遅いんじゃ・・」という感覚になるのもわかります。

 

で、その感覚は正しいと言えば正しいでしょう。

つまり、今からビットコインを買ってもあまり大きな利益は期待できないかもしれないということです。

 

なぜなら、未来のことは誰にもわからないからです。

今Twitter界隈では仮想通貨でものすごく盛り上がっていて、ほとんどの人が「仮想通貨はまだまだ伸びていく」という見方をしていると思います。

でも、その根拠はあくまですべて予想の上に成り立っているという前提を忘れてはいけません。

 

未来のことがわかる人間はこの世に誰一人としていません。

もしかしたら今の相場がピークで明日にはバブルが弾け飛んでいるかもしれません。

なので、「ビットコインは今からだと遅いんじゃ・・」というのはある意味間違ってはいません。

 

繰り返しにはなりますが、未来のことは誰にもわからないですからね。

もしかしたら明日には仮想通貨の根本的欠陥が見つかって、誰からも買われることがなくなってしまうかもしれません。

 

とは言っても仮想通貨はまだまだ伸びていくと思う

先ほどは必要以上に不安を煽ってしまいましたが、仮想通貨への投資をやるならその前提をもっておいていいと思っています。

「仮想通貨はまだまだいけるぜー!!俺はガンガンいってやるぜー!!」と思っていた矢先、バブルが弾けて相場が大暴落したらへこむどころじゃないですからね。

「未来のことは誰にもわからないし、もしかしたら明日ダメになってるかも・・」くらいの感覚で始めたほうが暴落したときまだ気は楽だと思います(それでも暴落したときは相当へこむと思いますがw)。

 

ただ、その前提をもちつつも、僕は仮想通貨はまだまだ伸びていくと思っています。

Twitter界隈ではかなり盛り上がっている仮想通貨ですが、一般にはまだまだ浸透していません。

とある記事に「仮想通貨の保有率は2.7%」という情報がありました。

【1】ビットコインの認知度は88%!しかし、意味までを知っている人は31%、保有率は2.7%。

bitpressより引用

 

まだまだ仮想通貨の普及率は2.7%しかないんですよ。

仮想通貨は基本的に「ほしい」と思う人が増えれば相場が上がっていきます。

どう考えても2.7%以上は普及していくと思いませんか??

そうすれば仮想通貨の相場な自ずと上がっていくので、今買っておけば値上がりで利益を得られる可能性が高いのです。

 

最近は、テレビCMや電車の中吊り広告にも力を入れているようで、今後仮想通貨への参入者はどんどん増えてくるのは確実ですしね。

 

 

僕も仮想通貨投資に参入していますが、「今がピークかもしれない」という前提を一応入れつつも、「今後伸びていく可能性のほうが圧倒的に高い」という考えがあるからやっているわけです。

スポンサーリンク

ビットコイン以外の主要仮想通貨一覧

ビットコイン以外にも仮想通貨はたくさんあります。

本当に多くの種類があるので、ここでは「coincheck(コインチェック)」という取引所で扱っている主要な仮想通貨を紹介します。

 

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアムは仮想通貨名ではなく、プロジェクトの名前です。

仮想通貨名はETH。

ブロックチェーンをつかった契約「スマートコントラクト」ができる点。

 

リップル(Ripple)

リップルは社名で仮想通貨名はXRPです。

ビットコインより決済スピードが早いのが特徴で、「ありとあらゆる通貨(価値)の交換を繋ぐ架け橋」という「ブリッジ通貨」の役割をもっています。

主要金融機関がリップルと提携を進めており、2018年以降サービスが続々とリリースされる予定です。

 

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

ビットコインの取引量増加によって深刻化したスケーラビリティ問題の解決策として、2017年8月1日にハードフォーク(分裂)で生まれた仮想通貨通貨。

 

ライトコイン(Litecoin)

ライトコインはビットコインの次に誕生した世界で2番目の仮想通貨。

ビットコインを金貨とすると、「ライトコインは銀貨である」と言われています。

システムはビットコインに似ていますが、決済スピードはビットコインよりも早いです。

 

ダッシュ(Dash)

「Dark Coin」と呼ばれており、名前通り匿名性があるのが特徴の仮想通貨。

 

ネム(NEM)

ネムはプロジェクト名で仮想通貨名はXEM(ゼム)です。

ネムの特徴は取引が承認される際、マイニングではなく、「ハーベスト」が取り入れられている点。

ネムの保有者にはインポータンスというスコアがつけられ、NEMネットワークに貢献した人にZEMが付与されるようになっています。

マイニングのように大量の電力をつかわないので、ネム所有者なら一般の人でもハーベストに参加することができます。

 

モネロ(Monero)

モネロは匿名性の高い仮想通貨。

「Crypto Night」と言われる匿名性に特化したアルゴリズムで「リング署名」を実装しています。

 

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)

2016年6月にイーサリアムから分裂した仮想通貨。

イーサリアムプロジェクトで作られた仮想通貨「THE DAO」が約52億円盗まれ、ハードフォークを実施したが、「中央集権的である」と反発したグループが対抗措置として分裂して生まれたのがイーサリアムクラシックです。

 

リスク(Lisk)

リスクもスマートコントラクトが特徴の仮想通貨。

メインのブロックチェーンとは別に、「サイドチェーン」と呼ばれる「DAPPS」上にもう一つのブロックチェーンがあるため、メインチェーンに問題が生じた場合でもサイドチェーンでコントロールできるセキュリティ性が高い仮想通貨です。

 

ジーキャッシュ(Zcash)

ビットコインと同じく複数のプログラマーによって開発が進んでいるオープンソース。

高い匿名性と信頼性が実現されている仮想通貨です。

 

オーガー(Augur)

オーガーは「未来予測のためのプロトコル」です。

「未来に起こる出来事をブロックチェーンをつかって公平かつコストがかからないように構築する」というコンセプトで、掛け金の分配などの活用が期待されています。

 

ファクトム(Factom)

ファクトムは改ざん不可能な電子記録を作成・維持・管理するためのプラットフォームの名称です。

世の中の文書や記録などを保持し、改ざん不可能なデータ記録として保存することができるようになります。

 

coincheckで扱っている主要銘柄はこのように多くの種類があります。

この中から狙い目を見つけていきたいところですね〜

 

これから上がりそうな狙い目の仮想通貨一覧

では、これから値上がりが期待できそうな狙い目の仮想通貨を一覧でまとめておきます。

未来のことは誰にもわかりませんが、「確定している未来の材料から高い確率の値上がりが予想できる」はありますので、それをもとに今狙い目の仮想通貨を紹介しておきます。

 

ビットコイン

「おいい!!なんでビットコインが狙い目なんだよ!!」とお思いかもしれませんが、実はビットコインはまだまだ狙い目。

なぜならビットコインは2020年前半に半減期を迎えるからです。

[aside type=”normal”]半減期

半減期というのはマイニングの報酬として得られる仮想通貨が半分になる時期を指します。ビットコインはマイニングにの報酬でタダでビットコインを手にすることができるのですが、半減期になるとその報酬が半分になります。

[/aside]

 

半減期を迎えると仮想通貨の新規生産量が減り、需要と供給の関係から相場が上がります。

 

しかも、ビットコインの半減期は2020年の前半で東京オリンピックと時期が被っています。

日本に来る外国人が日本でお金をつかうには日本円で換金が必要になりますが、2020年までに仮想通貨決済が整っていれば、「仮想通貨に換えよう」という人が増えることが予想されます。

仮想通貨が欲しがる人が増えれば、相場が上がるので、「東京オリンピックの際は仮想通貨の相場が上がるのでは?」という見方が強いです。

 

半減期と東京オリンピックの時期が被る2020年までにビットコインを買っておけば、そこで大きなリターンを得られる可能性は十分にありそうです。

なので、ビットコインも狙い目の仮想通貨の一つと言えますね。

 

ライトコイン

続いての狙い目の仮想通貨はビットコインに次いで2番目にできた仮想通貨のライトコイン。

ライトコインも2019年半ばに半減期を迎えます。

半減期を迎える仮想通貨は相場が上昇しやすいので、ビットコイン同様ライトコインも狙い目と言えるでしょう。

2019年半ばまでに購入しておけば、そこで大きなリターンを得られる可能性は高いです。

 

モナーコイン

3つ目に紹介する狙い目の仮想通貨はモネオ、通称「モナーコイン」。

モナーコインの半減期はビットコインの少し後で東京オリンピックの時期と被っています。

半減期+東京オリンピックでもしかするととてつもない相場の上昇があるかもしれませんね。

2020年までにモナーコインを購入しておくことで、大きなリターンを得られる可能性はあります。

 

狙い目のポイントは半減期ですね。

ビットコインもライトコインも過去半減期を迎えたときはどちらも相場が上昇しておりました。

ガツンと相場が高騰→その後下落→以前より高い水準で安定といった感じでした。

これから半減期がある仮想通貨はそのタイミングでの高騰が期待できるため狙い目かと思います。

 

仮想通貨投資を始めるならまずは取引所の開設を

仮想通貨への投資を始めるには取引所の開設が必要になります。

僕も利用しているところなのですが、「coincheck(コインチェック)」という取引所がつかいやすくて、仮想通貨初心者の方にもおすすめです。

これから仮想通貨を始めたいという人は、まずはコインチェックの開設から始めてみてください。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェックを開設する

 

開設方法は「coincheck(コインチェック)の登録開設方法まとめ」に詳しくまとめているので、そちらも参考に!

 

ブログで発信して自己実現(お金を稼いだり、自分の想いを体現したり)する方法をLINE@で毎日配信中!ちなみに、購読者の中から月収数十万単位の人は続出しております!

友だち追加

 

Twitterのフォロワーも激しく募集中!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です