Googleアドセンスの登録方法と審査に通過するコツ

googleアドセンス登録審査
当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



どうも、大学生起業家のジュークです。

 

トレンドアフィリエイトを実践する上で欠かせないのがGoogleアドセンスへの登録

アドセンス広告はクリック型広告でトレンドアフィリエイトと非常に相性が良いので、必ず取得しておきましょう。

今回は、アドセンス登録の流れと審査に通過するコツを説明していきます。

こちらの流れに沿って進めていけば、問題なくアドセンス広告を取得できるので参考にしてください。

 

審査用ブログを作る

googleアドセンス登録審査
出典:hitode99.hatenablog.com

まずはアドセンスに申請を出すためのブログを作成します。

これは自分がアフィリエイトを実践するブログとは別に作成することをおすすめします。

僕は、1アカウントで5ブログまで開設できるSo-netブログを推奨していますので、どのブログにしようか迷っている方はSo-netブログをつかってみてください。

 

審査用ブログ作成のポイント

審査用ブログ作成のポイントをこちらにまとめておきます。

このポイントを押さえてブログを作成し、以下の手順通り進めていけば問題なくアドセンス広告を取得できます。

 

1記事の文字数は最低でも500文字以上

1記事の文字数は最低でも500文字以上にしてください。

これより少ないと、審査の際に低質なコンテンツと見なされ、Google側から広告を出す価値がないと判断されてしまいます。

 

オリジナルの文章を作成する

審査用ブログでコピペ・リライトはNG。

内容は日記的なものでもいいので、自分のオリジナルの文章で作成しましょう。

 

記事内に画像や動画をつかわず文章だけで作成する

Googleが厳しくチェックする段階で画像や動画をつかうのは避けたほうが無難です。

思わぬところで著作権違反の動画という場合もあるので、文章のみで作成しましょう。

 

Googleアドセンス登録までの流れ

googleアドセンス登録審査

出典:www.webtoolnavi.com

Googleアドセンス登録までには1次審査と2次審査の2つの審査を通過する必要があります。

審査といっても特に難しいことはなく、以下の手順通り進めていけば基本的に落ちることはありません。

 

1次審査

 

Googleアドセンスにアクセス

まずはGoogleアドセンスの登録ページに移動します。

>> Googleアドセンスへ

また、登録の際にGoogleアカウントが必要になるので、まだ取得していない人はこちらからアカウントを取得しておいてください。

>> Googleアカウントの取得

Googleアカウントの取得が済みましたらGoogleアドセンスのページのこちらをクリックしてください。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

 

Googleアカウントの選択

文字表記が英語になっていたら画面右上にある言語を「日本語」に変更してください。

次に、「はい(メールアドレスを使用する)」を選択します。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

 

コンテンツに関する設定

次のページで自分のサイトのURLを登録し、言語を「日本語」に設定します。

審査用ブログのURLを登録しましょう。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

その下に利用規約があるので確認して「次へ」を選択。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

 

アドセンスへ申し込む

次に連絡先を登録していきます。

「国、または地域」を「日本」に変更。

アカウントの種類は「個人」を選択します。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

「お支払い受取人の名前」は銀行口座の名義と同じ名前を入力。

あとは住所を入力していきます。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

入力が完了したら「お申し込みを送信」を選択します。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

このような画面になったら1次審査の作業は完了。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

僕の場合はその日のうちに審査に通過した旨のメールが届きましたが、どのくらいで返信が来るかは人それぞれのようです。

遅くても1週間ほどで通知が来ます。

1次審査に通過すると登録したG-mailにこのようなメールが届いているはずです。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

続いて2次審査に移ります。

仮に、1次審査に落ちてしまっても再び審査を受けることはできるので、審査用ブログ作成のポイントをもう一度見直して新しく審査用ブログを作ってみてください。

 

2次審査

 

Googleアドセンスの管理画面に移動

こちらのGoogleアドセンスの管理画面に移動してください。

>> Googleアドセンスの管理画面に移動

このような利用規約が掲載されたページに移動します。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

利用規約を確認したら一番下にある「内容に同意します」をチェックして「Adsenseアカウントへ移動」を選択します。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

こちらのページに移動するので「今すぐ開始」を選択します。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

 

アドセンス広告を設置する

次に、実際にアドセンス広告を取得して自分のブログに設置していきます。

管理画面にある「広告の設定」を選択し、「新しい広告ユニット」を選択します。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

ここでアドセンス広告を取得していくのですが、後でわかりやすいように広告名は「自分のサイト名-記事上」のように管理しやすいようにしておくといいです。

「広告サイズ」は「300×250-レグタングル(中)」を選び、「広告タイプ」はそのままでOKです。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

そして、下にある「保存してコードを取得」をクリックします。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

するとこのようなコードが表示されるので、このコードを自分のブログの記事に貼りつけます。

googleアドセンス登録審査
出典:http://affiliate150.com/

広告を記事に貼りつけるにはこちらの動画で詳しく解説していますのでこちらも参考に。

 

まだこの段階では広告を設置しても何も表示されず空白の状態で表示されます。

広告がちゃんと表示されるようになったら無事2次審査も合格となります。

これで自由にアドセンス広告をつかえるようになります。

また、一度取得してしまえば他のブログに掲載するときにいちいち申請する必要はなく、アドセンスの管理画面で新たに広告を取得するだけでOKです。

 

アドセンス広告は利用規約を守らないと剥奪されてしまいます。

こちらも合わせてご確認ください。

>> Googleアドセンスを剥奪されても再取得する方法 


この記事を「面白い!!」と思っていただけた方へ

今回の記事を読んで、「もっと話を聞きたい」って思っていただけた方は、下記の無料メルマガにご登録ください。

そちらではブログには書いていないようなさらに濃い話であったり、僕が実践しているインターネットビジネスに関する情報を発信しています。

また、今なら「社畜を脱却し自由な人生を謳歌するための7つの思考」という動画音声もプレゼントしているので、そちらもお受け取りください!

>>今すぐプレゼントを受け取る<<

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

4 件のコメント

  • グーグルアドセンスの事を読んでたら、ここ3ヶ月ほどに、
    アドセンス申請をしていまして、その過程でグーグル
    アカウントが重複しています。このままだと、通過はできません。
    と言われ、やってはみましたが、上手くいかず困っています。
    もしよければ、教えて頂けませんか、お願いします。

    • 本岡さん

      お問い合わせいただきありがとうございます。

      新たにグーグルのアカウントのアカウントを取得してから
      再度申請してみてはどうでしょうか?

    • 無料ブログのドメインだと申請を出すことができなくなりました。
      独自ドメインを取得してそのドメインに変更した無料ブログで申請するか、有料のブログで申請に出すかのどちらかになりますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です