Googleから「価値のない質の低いコンテンツ」と宣言された際の解除方法

[voice icon=”http://jyuku-netbujiness.jp/wp-content/uploads/2016/12/5f3652633b83bd37e102ae3bff52bc16.jpg” name=”Google先生” type=”r big”]価値のない質の低いコンテンツじゃボケ〜〜!![/voice]

 

Google先生からのこの言葉ほど、我々ブログアフィリエイターを「ドキッッッ!!」と、させる言葉はないですよね。

 

今、Googleは「コンテンツの質」を非常に重要視しており、適当なコンテンツ作りをしていると、「価値のない質の低いコンテンツ」というメッセージとともに、手動ペナルティを食らってしまう可能性があります。手動ペナルティを食らってしまうと、収益を上げていたサイトの稼ぎが一気に落ち込んでしまうので、それは絶対に避けたいところです。

 

今回は、実際にGoogleから「価値のない質の低いコンテンツ」と、認定されてしまったとき、どのようにそれを解除するのか、また、まだそういった認定を受けていない人は、どういったことを意識すれば「質の低いコンテンツ」と、認定されずに済むかについてお伝えしていきます。

 

「価値のない質の低いコンテンツ」

みなさん、Googleが無料で提供してくれている「Search Console」というツールは導入しているでしょうか?

サーチコンソールとは、Googleが無償で提供する、ウェブマスターやフロントエンドデザイナー、および事業主向けの、高機能な公式サイト管理ツールです。

主にビジネスサイトの運営管理に役立つ大変強力な機能を多数備えており、SEO対策を行う際はもちろん、サイト運営のために必ず利用することをおすすめします。

なお、サーチコンソールは旧Googleウェブマスターツールであり、名称が変更された以外に基本的な使い方に違いはありません。ただ、名称変更された2015年5月以降、以前にはなかった新機能がいくつか追加されています。

SEO Packより引用

 

こちらを導入していると、Googleからこのようなメッセージが来ることがあります。

 

[voice icon=”http://jyuku-netbujiness.jp/wp-content/uploads/2016/12/5f3652633b83bd37e102ae3bff52bc16.jpg” name=”Google先生” type=”r big”]価値のない質の低いコンテンツ[/voice]

 

「Search Console」のメニュー→検索トラフィック→手動による対策から確認することができ、手動ペナルティを食らっている場合、このようなメッセージが届いています。

google価値ない質の低いコンテンツ解除

 

手動ペナルティとは?

Googleは悪質なスパムなどを行っていると判断したサイトに対して、罰則として、検索順位を著しく下げることがあります。これをペナルティと呼びます。特に、Googleスタッフが各サイトを目視で確認し、人力で判定して与えるペナルティのことを”手動ペナルティ”といいます。

 

「価値のない質の低いコンテンツ」に認定されたということで、さらに詳しく見ると、このようにあります。

このサイトのほとんどは、ユーザーに付加価値をほとんど提供しない質の低いページ(実質のないアフィリエイト ページ、見かけ倒しのサイト、誘導ページ、自動生成されたコンテンツ、コピーしたコンテンツなど)で構成されているようです。

 

要は、

[voice icon=”http://jyuku-netbujiness.jp/wp-content/uploads/2016/12/5f3652633b83bd37e102ae3bff52bc16.jpg” name=”Google先生” type=”r big”]っちの意向にそぐわないコンテンツ作ってんじゃねーよ!!出直してこいや!![/voice]

と、言われているようなものです。

 

Googleから直々にこう言われてしまった以上、このタイミングでコンテンツの質の見直しが必要です。ブログアフィリエイトは「記事の質が命」ですからね。今のままのコンテンツ作成レベルでブログアフィリエイトを実践しても、Googleの意向に沿ったコンテンツにならないので、一度自分が作るコンテンツをしっかり見直しましょう。

 

Googleの手動ペナルティを食らってしまう4つの原因を分析

と、言うことで、このタイミングで一度Googleから手動ペナルティを食らってしまった原因をしっかり分析していきましょう。壁にぶつかったときは、「いったいなぜうまくいかないのか?」を考えるのが、ビジネスでは必須です。

 

Googleから手動ペナルティを受ける主な原因は以下の4つです。

  • 自動生成されたコンテンツ
  • 内容の薄いアフィリエイト ページ
  • 他のソースからのコンテンツ(例: 無断複製されたコンテンツ、低品質のゲストブログ記事)
  • 誘導ページ

詳しくはこちらも参照

 

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

 

自動生成されたコンテンツ

「自動生成されたコンテンツ」というのは、その名の通り、文章自動作成ツールで作成したコンテンツのこと。こういったツールで作成した文章は、

  • 文法がおかしい
  • 画一的な文章なのでオリジナル性に乏しい
  • 検索ユーザーに対する創意工夫がない

ということで、Googleが求めるコンテンツとは言えません。

 

確かに、ブログアフィリエイトで稼ぐためには「記事の量」が必要になるので、自動で記事を作成できるツールを活用したくなる気持ちはわかります。ただ、そういったコンテンツは、Googleの意向から逸れてしまい、結果的に「まったく上位表示できない」という遠回りをしてしまうことになるので、必ず避けてください。

 

内容の薄いアフィリエイトページ

「内容の薄いアフィリエイトページ」ということで、わかりやすく言うと、「お金儲けを優先して、内容もないページで商品を紹介するのはやめてください」ということです。逆に言えば、しっかりしたコンテンツを作ったうえでのアフィリエイトはOKだと言うこと。我々ブログアフィリエイターにとって、アフィリエイトページは切っても切り離せないものですが、しっかりとユーザーに価値を提供できるコンテンツを作ったうえで、商品を紹介するようにしていきましょう。

 

と言うより、「内容の薄いアフィリエイトページ」では、Googleから評価されないだけでなく、そもそも商品が売れることはありません。検索ユーザーも情報を見極める目をもっているので、ユーザーの興味を惹くような情報もなしにいきなりアフィリエイトリンクを訴求しても商品が売れることはほぼほぼないでしょう。

 

なので、「お金を稼ぐ」という観点から見ても、内容の薄いアフィリエイトページはアウトです。

 

他のソースからのコンテンツ

具体的に言うと、「他のサイトのコピーコンテンツ」ですね。先日、DeNAが運営する「Welq」が「パクリ問題」で炎上→サイト閉鎖という事態で話題になっていたように、コピーコンテンツは完全にアウトです。

 

Googleが求めるのは「オリジナル性のある記事」です。すでに他のサイトが書いた情報は別に必要ないのです。Googleの「検索ユーザーが120%満足させるコンテンツをユーザーに提供する」というポリシーから考えると当たり前の話ですね。

 

誘導ページ

Googleが提示する誘導ページの定義がこちらでした。

誘導ページは、特定の検索キーワードで検索結果の上位に表示されることを目的に作成されたサイトまたはページです。誘導ページにより、類似する複数のページが検索結果ページに表示され、どの検索結果からも同じ内容のサイトやページにユーザーが誘導されるため、ユーザーの利便性が妨げられることになります。また誘導ページは、最終的なアクセス先となるサイトやページに比べ有用性の低い中間ページにユーザーを誘導することもあります。

 

いわゆる「サテライトサイト」ってやつですね。Googleは検索順位を決める際、「被リンク数」を重要視しています。「だったら、自分でサイトを作って、順位を上げたいサイトにリンクを送りまくろ〜!!」といった手法があり、「ブラックハットSEO(裏技的なSEO戦略のこと)」と、言われたりしています。その際、被リンクを送るためだけに作られたサイトをサテライトサイトと、呼びます。

 

こういった誘導ページや被リンクを送られた先のサイトも手動ペナルティの対象となる可能性があるということです。まあ、それはそうですよね。こちらの都合で検索順位を捻じ曲げてしまっているわけですから、Googleからしたら「おい!ふざけんな!!」と、なるわけです。

 

Googleから「質の価値のない質の低いコンテンツ」と手動ペナルティを食らわないために

これは、すでにGoogleから手動ペナルティを食らってしまった人もまだ食らっていない人もしっかり覚えておいてほしいことですが、コンテンツを作る際は、常に「ユーザーファースト」という意識をもってほしいということです。

ユーザーファーストとは

ユーザーファーストはユーザー満足度を優先する考えである。ユーザーの意見や声を聞き、ユーザーにとって本当に満足ができる製品、サービスであるか、使い勝手いいUIであるかなどを優先するのがユーザーファースト。

 

Googleからの手動ペナルティの

  • 自動生成されたコンテンツ
  • 内容の薄いアフィリエイトページ
  • 他のソースからのコンテンツ(例: 無断複製されたコンテンツ、低品質のゲストブログ記事)
  • 誘導ページ

は、いずれも「お金を稼ぎたい」という想いが先行してしまうがためにやってしまうことです。

 

自動生成されたコンテンツ

「手っ取り早くお金を稼ぐにはブログ記事の量産が必要だ・・だったら、ツールでバンバン記事を作っちゃえ!」

 

内容の薄いアフィリエイトページ

「文章を書くのは面倒だけどお金は稼ぎたい・・よし、商品紹介リンクがある記事をガンガン作っていこう」

 

他のソースからのコンテンツ

「手っ取り早くお金を稼ぐにはブログ記事の量産が必要だ・・だったら、他の記事をバンバンパクっちゃえ!」

 

誘導ページ

「被リンク当てればビックキーワードで上位表示してめちゃめちゃ稼げるんだ〜。じゃあ、自分でゴリゴリ当てちゃお!」

 

と、いったように、これらはすべて「お金稼ぎ」を優先してしまったがために起こることです。ただ、我々はGoogleの検索エンジン経由で集客し、それが収益に変わるので、Googleの意向から外れてのお金稼ぎはありえません。「お金を稼ぎ」を優先してしまうと、結果的に「お金稼ぎから遠のいてしまう」のです。

 

真っ直ぐお金稼ぎに向かっていきたいのであれば、Googleの意向に沿ったコンテンツ作りを意識していきましょう。そのためにもつべきなのが、「ユーザーファースト」という考え方です。

 

ユーザーファーストの記事作りに関しては、こちらの記事に詳しくまとめているので、参照ください。

関連記事のIDを正しく入力してください

 

手動ペナルティを解除することも・・

手動ペナルティを食らったからと言って、そのブログが完全に終わりなわけではありません。上記のポイントを見直し、自分のブログで違反していそうな点を修正し、審査に出せば、手動ペナルティを解除してくれることもあります

google価値ない質の低いコンテンツ解除

 

なので、ある程度の収益があったブログであれば、手動ペナルティが来ても解除できるよう取り組んでみてください。

 

「ユーザーファースト」こそお金稼ぎの近道

ということで、コンテンツを作る際は常に「ユーザーファースト」を意識していきましょう。間違っても「お金稼ぎ優先」になってはいけません。それは、結果的にお金稼ぎから遠のいてしまうことになりますからね。ぜひ、ご自身でも「ユーザーのためになるコンテンツはいったいなにか?」というところを考えてみてください。

 

3 Comments

ともちん

こんにちは。ともちんと言います。
この手の話を聞くにつけ、Googleって凄いと思ってしまします。
しかし手動ペナとかにはなりたくはないものですね。
気を付けて頑張りたいと思います。

返信する
ししまる

はじめまして、ししまると申します。

貴ブログ記事を拝見しました。
記事の内容はたしかに丁寧に解説されていてためになる記事でしたが、
記事のタイトルと内容が若干合っていないように感じました。

私自身手動ペナルティを受けた経験があり、
その解除方法について何か役立つ情報があるかと思い
この記事にたどり着きましたが、
肝心の「解除方法」についての説明は詳しく書かれていなかったので
残念に感じました。

手動ペナルティを受ける原因については、
ガイドラインを読んで大方理解しています。
(具体的なして気がないため分かり辛い面もありますが)

グーグルに自分の記事がそう判断されてしまったことに対し
納得できない気持ちもありましたが、
いずれかに該当すると判断されたと受け入れるしかありませんよね。

ですから原因を特定し
該当する記事を洗い出して修正すればいい、
という趣旨が解除方法だと言われればそれまでですが、
私が期待していた内容は

「グーグルに手動ペナルティを解除してもらうための具体的な手順」
のようなものでした。

不適切と思われる記事の修正や削除はもちろんですが、
再審査の申請時に注意すべき点とか
どういう形で申請すればいいのかなど、
そのような情報を期待していたために、
ちょっと肩透かしを食らった感があります。
(単に記事を削除して再審査を出しても否認されるようですので)

私のようなニーズを持った人ばかりではないと思いますが
上述のような情報を提供いただけたら
私にとっては大変有益な記事になると思います。

記事を否定したかったわけではないですが
私の気持ちを汲んでいただけましたら幸いです。

返信する
ジューク

ししまるさん

貴重なご意見ありがとうございます。

記事作成の参考にさせていただきたく思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です