月収150万ブロガー沖ケイタさんから学んだ6つのこと

当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



先日、「ハイパーメモメモ」というブログを運営する沖ケイタさんと恵比寿で焼肉をたしなんで参りました〜!

普っ通に食事を楽しみつつ、何気ない会話を交わしただけなのですが、僕にとってはブロガー界で第一線を走る沖ケイタさんとの会話からは学べることが多々ありました。

 

僕はインターネットビジネスの情報発信では月収1,000万円プレイヤーになりましたが、またブロガーの世界は少し毛色が違う。

「アフィリエイターの思考とブロガーの思考ってやっぱり違ぇよなぁ〜」と、学べることが多々あったのでこちらの記事にてシェアさせていただこうと思います。

スポンサーリンク

ハイパーメモメモというブログを運営する沖ケイタさん

スクリーンショット 2017-07-31 17.09.01

本人が掲載しているプロフィールをお借りします。

9071869fa92870939b55d6536adda2b3-300x211

ブログで月にMacbookが12台買えるくらい稼いでます。

渋谷のIT企業を1ヶ月半で辞めてプロブロガーへ。

何者かになりたい大学生を応援してます。

ハイパーメモメモより引用

 

「Macbookが12台買えるくらい稼いでます」

その絶妙にイヤラしくない表現センスが素晴らしいww

そんなことされたら「なんだかんだ年1,000万以上稼げたから6年にして学校を辞める」←こんな感じで記載している自分が超絶イヤラしく見えるという・・w

 

ケイタさんは大学を卒業後、IT系の会社に就職。

が、2ヶ月程度で会社を辞め、今はブロガーとして活躍しています。

 

「大学生とか若い世代を応援する」っていう考えがあるようで、ここは僕も以前からもっていたところでした。

なので、改めて話を聞いてみようと思い、飯に誘った次第でございます。

スポンサーリンク

月収150万ブロガー沖ケイタさんから学んだ6つのこと

僕はもともとブログアフィリエイターであり、ケイタさんはブロガー。

同じ「ブログをつかった仕事」でもアフィリエイターとブロガーの間には考え方に大きな違いがあることが、ケイタさんと話してみてわかりました。

そこらへんを記事にまとめたいなぁ〜と思います。

 

ブロガーの人は「発信者としての意識」がアフィリエイターよりも高いと思います。

ブログを通して発信活動をしていきたいならそこらへんの思考はしっかりと取り入れていかんといけないっすね。

 

情報の感度が高い

情報に対しての感度が高いです。

ここはアフィリエイターとは比べものにならないですね。

 

沖ケイタ
今の時代って評価経済じゃん??
飯島一休
え??評価経済??

 

評価経済

「評価」を仲介として、モノ、サービス、お金、が交換される社会。相互レビュー社会。

既存の貨幣経済社会では「貨幣」を仲介にして「モノ」「サービス」が交換される社会だった。お金が不要になるわけではなく「お金」が「評価」に従属するようになる。

はてなダイアリーより引用

 

沖ケイタ
VALUとかもうまく活用していきたいんだよね〜〜
飯島一休
え??VALU・・??

 

VALU

簡単にいうとVALUというのは、会社単位ではなくて個人の単位で株を発行して、資金を集めることができるサービスです。

株式会社は、自分の会社の株を発行して、それをお金を持っている人に買ってもらい、事業を行うための資金を集めます。

そしてその事業が軌道に乗って利益が出るようになったら、それを株を買ってくれた人たちにより大きなリターンとしてあげるのです。

NOMADIC WOODより引用

 

的なシーンが何度かありました。

やはり、世の中の動きに対してのアンテナの張り方が違うなぁ〜と。

 

アフィリエイターって世の名の動きに対してあまり敏感ではないと思います。

これは大いに反省です。

 

今の時代、簡単に大量の情報にアクセスできる時代ですが、その分、人によって手に入る情報の質・量に差が出るいわば「情報格差社会」となっています。

だからこそ、世の中の動きを追える情報感度の高い人間になっていかないといけんなと思いました。

 

ちなみに、

飯島一休
どっから情報拾ってるんですか??
沖ケイタ
Twitterとか見てたら自然といろんな情報入ってくる

 

とのこと。

 

おそらく、ケイタさんの周りも感度高い人ばかりなので、そういう人のSNSでのアウトプットを見ているだけで自然と自分の感度も高くなっていくのでしょう。

SNSもただのコミュニケーションツールとしてつかうのではなく、情報感度の高い人の動きを追って、自分の感度を高めるためにつかっていかないとあかんですな。

 

クッソ影響力がある

ブロガーの第一線で活躍されるケイタさんの影響力は凄まじかったです。

 

沖ケイタ
この前、アシスタント募集しようと思ってさ、ブログ読者の中から募集したんだよね〜
飯島一休
ふむ
沖ケイタ
で、「今日中に○○に来れる人限定」って形で募集したんだけど、どんくらい来たと思う??
飯島一休
いや、どんだけファンキーな募集方法なんですかw3人くらいっすか??(いや、当日募集で誰も来ないっしょww)
沖ケイタ
15人来た
飯島一休
まじすかwwやばいっすねww(誰も来ないとか思ってすんません!!)

 

当日募集で15人も人を集める影響力は半端ないです。

僕もアフィリエイトのほうで情報発信をしていた際にセミナーの募集で人を集めたことがありますが、当日集合で10人以上集められる自信は皆無。

それだけブロガーで活躍されるケイタさんの影響力がとてつもないということです。

 

インターネットがない時代は、マスメディアを通してしか不特定多数の人に自分の存在を認知させる方法がなかったので、芸能人やスポーツ選手といったいわゆる有名人でないと、影響力をもつことはできませんでした。

しかし、インターネットやSNSが普及した今、個人でも影響力をつけやすい時代と言えます。

 

一応、僕にもそれなりの影響力があります。

過去、アフィリエイトで結果を出したという経験があり、それをもとにブログとSNSで発信。

その発信を見て僕のメルマガの読者になってくれた。

 

そして、僕が「こんな企画やります」と言ったときに、数十人の人が動いてくれた。

こんな風になんでもない一個人が不特定多数の人に認知され、「こんなことやるぜ!」といった企画に巻き込める時代です。

 

評価経済となっている今、影響力をつけることにフォーカスしたほうが有利に動ける時代だと思っています。

先ほど出たVALUしかり、クラウドファウンディングしかり、影響力をもっていれば簡単に資金を調達することができます。

そして、このようなサービスは今後もどんどん増えていくでしょう。

 

ブロガーとして自分を認知させ、影響力をつけるために活動している姿は僕も見習わなあかんなと感じました。

 

働き方のコスパがめっちゃ良い

沖ケイタ
一休くんって今何時間くらい働いてんの??
飯島一休
ん〜〜、なんだかんだ10時間以上は働いてますかね〜〜
沖ケイタ
働きすぎでしょww
飯島一休
え!!?そうっすか??逆に、ケイタさんどんくらいですか??
沖ケイタ
なんなら今日1秒も働いてないわ

 

飯島一休
・・・

 

といった具合に、ケイタさんはめちゃくちゃコスパ良く働いていました。

ぶっちゃけ収入的には僕もケイタさんもだいたい同じくらいだと思うんです。

でも、労働時間は天と地ほどの差があると思います。

僕のほうが断然働いています。

 

確かに、僕も休みたいときは自由に休めるし、長期旅行にだって行ける。

働く場所を選ばないから「今日は家で仕事するわ」という働き方も選べるのでだいぶ自由度が高いと思っていますが、それでも労働時間はどうしても膨らんでいます。

僕の場合、収益化していくうえで「やらないといけない」ことがけっこう増えてきているので、「コスパが良いか」と言われるとそうでもないかもしれません。

 

ケイタさんは、

沖ケイタ
無理して稼ぐのって大変じゃね??

とおっしゃっていたので、うまく収入面と労働時間をコントロールしているのだと思います。

 

「1秒も仕事してないとかなめすぎだろ」とか思う人もいるかもしれませんが、僕は全然そんなことないと思います。

そうやって空いた時間があるからこそ、例えば情報収集をして感度を高めることができたり、自分の時間に余裕があるから他の人のために時間をつかえたりします。

だから、今の時代、どんどん働き方のコスパを高め、自分の人生をコントロールできる生き方を目指すべきだと思っています。

 

僕の課題は、もっとやるべきことを減らして時間をもっと創っていくことですね。

今はやや無理して収益をあげている部分もあるので、そこを削りつつも収益面を保つ方向を目指します。

 

伸びるブロガーと伸びないブロガーの違いを聞けた

ブロガー界の第一線にいるケイタさんは今まで多くのブロガーを見てきたはずなので、こんなことを聞いてみました。

飯島一休
ケイタさん、伸びるブロガーと伸びないブロガーとの差ってどう見てます??
沖ケイタ
ん〜、伸びる人は模倣するのがうまい人かな?

 

これはアフィリエイトの世界でも同じですね。

というか、どの業界でもそうでしょう。

 

誰だって最初は素人です。

良いブログ記事を1から作るのは無理です。

 

だからこそ、やるべきはうまい人の模倣をすること。

「これだ!!」と、自分の中でバチっとハマった人の動きを模倣していくのがいいです。

 

ただ、これは「ブログ記事」に限らず、「その人の動き単位」で模倣するのがいいと思います。

例えば、この前僕も参加したMacBookおじさん

ケイタさんをはじめ、有名ブロガーの人が参加していたので、僕も乗っかってみました。

 

で、そこで考える。

「なぜMacBookおじさんにみんななったのか??」と。

そうやって模倣→思考することで、うまくいってる人の思考をたどることができます。

 

うまくいっている人は基本的に理由があってうまくいっています。

ノリでやっているように見えて、だいたい計算されたものがあってうまくいっています(これはネットビジネスの世界での鉄則)。

だから、うまくいっている人の行動を模倣だけで済ませるのではなく、そこから考えをたどるまでいったほうがいいですね。

 

ビジネス視点をもってやっていた

やはり、ケイタさんがうまくいってるのも理由があって、「ビジネス視点をもっているなぁ〜」と感じました。

沖ケイタ
○○○○○○○でやっていることをブログにもってきたら、まだ誰もやってないからうまくいきそうだと思うんだよね〜

 

「別ジャンルの成功パターンをもってくる」は、その業界で大きく跳ねるための鉄板パターン。

どのジャンルで流行っていることをもってくるかは伏せさせていただきますが、なにやら新しい動きにチャレンジしていくそうです。

こんな風にビジネス視点をもっているからこそ、今のポジションを確立できているのでしょう。

 

ポジションの作り方がうまい

情報発信ビジネスを行ううえで、自分が得意なフィールドとそうでないフィールドがあります。

「ここなら自分はうまく戦える」という場と「うお・・ここクソ発言しづれぇ・・」という場があります。

 

例えば、僕の場合、「クッソ会社に就職なんてしたくねぇ。上司に頭を下げるのなんてまっぴらごめんだせ!!大学卒業後は絶対起業してやるわ!!」、こんな人にはすごく刺さります。

僕の今までの人生がそういう道を辿ってきているからです。

だから、僕の発言は自然とそういう考えの人には突き刺さるのです。

 

逆に、「自分30後半で家族がいてぶっちゃけ苦しいっす。今の働き方のままで空いてる時間にできる副業ないかな??」という人には強い発信ができません。

僕の生き方を見ても、「いや、それはお前は家族いねぇーし、若いからこそでしょ」と、「どこか違う世界の人間」と見られてしまう可能性があります。

 

このように、人それぞれ得意なフィールド、そうでないフィールドがあります

ケイタさんも主に「大学生や若い人を応援する存在」という自分の得意なフィールドで戦われているのだと思います。

 

当然ですが、自分が得意なフィールドでないと100%の力を発揮できません。

せっかくもっている能力がフル活用されません。

そこを理解して発信されている点からも「やはり、ビジネス視点でやっているのだな」と思いましたね。

 

影響力をつけるために

やはり、僕は自分に影響力をつけることを最重要課題としています。

そのために今必要なのは媒体力だと思っています。

つまり、自分のメディア(ブログ、SNS)の強化。

 

人脈だぁ〜、発信力だぁ〜の前にまだまだできることがあります。

ブログやSNSでのアウトプット。

これがまだまだ足りないし、もっとできると思っています。

 

とりあえず、このブログの媒体力をつけることが最優先事項なので、これからも日々更新して参ります!

あ、ケイタさんのブログはこちらから見れますので、どうぞ!

 

ブログで発信して自己実現(お金を稼いだり、自分の想いを体現したり)する方法をLINE@で毎日配信中!

ちなみに、購読者の中から月収数十万単位の人は続出しております!

友だち追加

スポンサーリンク

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です