人間工学に基づいて作られたワーキングチェアはまじで疲れないからブロガーに本気でおすすめしたい

当サイトおすすめのASPです(招待コード「P6a2MYQj」)



「たかが椅子にお金を出す、はん!バカバカしい!!」

 

以前も僕はそう思っていました。

 

しかし!!

 

いざ良いワーキングチェアを使ってみると・・

あら不思議!!

 

「椅子にお金を使わない??はん!バカバカしい!!」と、一瞬で180℃手のひらを返すことができます。

特に、デスクワークが多いブロガーは椅子に座っている時間が長くなると思います。

だったら、ここに投資するのは悪い選択ではありません。

「そこそこ収入得られるようになったけど、う〜〜ん、なににお金つかおう??」と悩んでいる人はワーキングチェアに投資してみてはいかがでしょう??

スポンサーリンク

ワーキングチェアを買って起こしましょう・・座り革命!!

ブロガーのみなさん・・来る日も来る日も椅子に座ってPCに向かう毎日。

日によっては10時間以上椅子に座っているなんて日もあることでしょう。

すると、どうです??

「ぐお・・腰が!!ケツが!!」と、なってませんか??

 

そんな状態になってしまうとパフォーマンスが低下。

「くっそ・・本当はもう1記事書きたいのに・・無念・・」とやむなく仕事から手を引いてしまいたくなるもの。

 

だったら、起こしましょう。

スクリーンショット 2017-08-13 20.09.08

↑なにこのB級感。

 

「ぐお・・腰が!!ケツが!!」は、良いワーキングチェアを買うことで一瞬にして解決します。

僕も以前までは1万円くらいの椅子で作業をしていましたが、作業終盤はやはり「ぐお・・腰が!!ケツが!!」と、なっていました。

 

しかし、15万円のワーキングチェアを購入したことでその悩みを一気に解決!!

10時間以上座っていても全然ケツと腰が痛くならずに作業に集中できるので、お金に余裕ができたらワーキングチェアを購入して、座り革命を起こしちゃいましょうぜ!

 

「椅子に高いカネを出すなんてバカバカしい」←そんなあなたを論破したい

「おいおい、椅子に15万って嘘だろ!!そんなにカネ出すくらいだったら風俗行くわ!!」と、高い椅子にお金を出すなんて信じられん派の人もいるかと思います。

実際、僕もそうでした。

 

でも、ですよ。。

冷静に考えてみてください。

生涯で椅子に座ってる時間ってどのくらいだと思います。

仮に1日8時間デスクワークをするとして、8時間椅子に座る計算で考えてみましょう。

 

このようになりました。

スクリーンショット 2017-08-13 20.22.17
20歳から60歳まで働くとして計算しています。

 

どうでしょう??

20歳から60歳まで、1日8時間椅子に座ると仮定して計算したところ、約13年間も椅子の上で我々は過ごすことになるそうです。

 

つまりは・・です。

スクリーンショット 2017-08-13 20.25.52

と、同義。

 

同じ時間を過ごしていても、人によって時間の質は異なります。

良いワーキングチェアを買ってそこで過ごす13年間は新幹線でグリーン車で過ごすようなもの。

 

どうですか??

あなたは13年間という時間をグリーン車で快適に過ごしますか??

それとも普通車でケツの痛みと戦いますか??

 

ワーキングチェアの選び方7つのポイント

と、いった具合にお金に余裕があるのであれば、僕は良いワーキングチェアを購入することを強くおすすめします。

特に、デスクワークの時間が長いブロガーの人はなおさら。

「うおお!確かに、良い椅子買ったほうがいいわ!」と思っていただけた方へ、こちらにワーキングチェアの選び方をまとめておきます。

 

前傾タイプのものか後傾タイプのものか

ワーキングチェアは、前傾姿勢に向いているもの、後傾姿勢に向いているものがあります。

ノートに書いたり本を読んだりと、机に置いて作業をする人は前傾タイプのほうが適しています。

パソコンなど、地面に垂直になっているものに向かって作業を行う方は後傾タイプのほうが適しています。

 

自分がデスクワークをする際、なにをすることが多いのかによって、前傾タイプのものと後傾タイプのものを選ぶようにしましょう。

PCでブログを執筆するブロガーは、後傾タイプ一択ですね。

 

リクライニング機能の有無

これ個人的にはめっちゃ大事なポイントで、「買うなら絶対リクライニング機能があるもの」と決めていました。

今まではリクライニング機能がない椅子を使っていたんですが、そのときに感じてたのが「ああ、リクライニングしながら仮眠が取れたらなんて楽なんだろう」ということ。

長時間デスクワークをしてると目も疲れてくるし、途中で仮眠は絶対必要になってくるじゃないですか??

でも、リクライニング機能がないと仮眠がしにくいのなんの。

 

結果、デスクに突っ伏す形で仮眠を取ってたんですが、デスク硬いし寝心地良くない。

だから、次のワーキングチェアを買うときは「絶対リクライニング機能があるもの」と決めていました。

個人的にはここは絶対外せないポイントです。

 

クッションのへたれやすさをチェック

クッション部分の材質によってへたれやすさが違います。

一般的にはスラブ形成というものよりもモールド形成のウレタンフォームを使っているもののほうが耐久性が高いです。

また、低反発性のものはゆったり休んだりするには良いですが、へたれやすく、体温で温まると硬さが変化し、柔らかくなってしまうので、長時間の作業には不向きです。

 

  1. 軟質ウレタンフォーム(モールド成形)
  2. チップウレタン(モールド成形)
  3. 軟質ウレタンフォーム(スラブ成形)
  4. 低反発性軟質ウレタンフォーム(モールド成形)
  5. 低反発性軟質ウレタンフォーム(スラブ成形)
上から順にへたれにくい材質となっています。

 

布張りか革張りか

布張りは空気の通りが良く、革張りは肌触りが良いという特徴があります。

レザーのほうが耐久性に優れますが、暑がりの人は布張りにしたほうがいいです。

 

アームレストとヘッドレストはどっちでも良い

休憩の際に頭を乗せることができるヘッドレスト。

gateway

 

ぶっちゃけこれは合っても無くても良いと思います。

これをつけるだけでもけっこう値段が変わるので、僕は無しにしました。

 

アームレストも同様。

gateway-1

 

 

作業中はほとんど使わないので、「最上級の休憩を求めたい」という人でなければつけなくても良いでしょう。

 

ハイバックのほうがおすすめ

背もたれ部分は、面積が広いハイバックのもののほうが良いです。

gateway-2

 

背もたれ部分の接触面積が広いほど、体重が分散され、疲れにくくなります。

 

絶対試座しよう

大塚家具などの店舗に行って試座は絶対したほうがいいです。

人によってどの椅子が合うかは違うみたいなので、ネットで注文とか横着せずにちゃんと試座しに行きましょう。

試座する際に特に見るべきポイントがこちらになります。

 

座面の奥行き

座面、つまり、座る部分が長すぎたり、短すぎると座り心地が良くありません。

ぴったりフィットしているものであれば、体重分散を均一にできて、「うおお、ケツが痛ぇぇ」ということがなくなってくるので、試座の際にチェックしておきましょう。

 

座面の高さ

高すぎると足が地面に届かずに太ももが圧迫されてしまいます。

逆に、短すぎるとお尻や腰に負担がかかってきてしまいます。

おおよその目安は(自分の身長)×0.25 =(座面の高さ)だそうです。

早見表があったので、掲載しておきます。

身長 145cm 150cm 155cm 160cm 165cm 170cm 175cm 180cm 185cm 190cm
座面の高さの目安 36.25cm 37.50cm 38.75cm 40.00cm 41.25cm 42.50cm 43.75cm 45.00cm 46.25cm 47.50cm

https://www32.atwiki.jp/より引用

スポンサーリンク

僕のおすすめはオカムラの「レオパード」

僕がおすすめしたいワーキングチェアは、オカムラの「レオパード」

IMG_1868

 

なかなかオラついてるでしょ??

 

お値段なんと・・

スクリーンショット 2017-08-13 21.29.37

 

す、素晴らしい価格だ・・。

椅子に15万円・・けっ、決して後悔はしていない、決して!!

 

ガチガチに人間工学に基づいて作られたワーキングチェア

オカムラのレオパードは、人間の体に最適な形で作られたチェア、いわゆる「人間工学に基づいて作られた椅子」です。

以下、公式サイトからの言葉。

レオパードは、沖電気工業株式会社(OKI)との共同開発で生まれました。「子供が親に抱きかかえられるような座り心地」を開発コンセプトに掲げ、OKIのメカトロニクス技術から生まれたロボットレッグと岡村製作所のシーティング技術が融合。筋肉のメカニズムを応用し、着座から立ち上がりまでの姿勢変化に追従した優れたフィット感を持つ、今までにない座り心地を実現しました。リラックスするシチュエーションが求められる場所に最適なシーティングです。

SOHO本舗より引用

 

「筋肉のメカニズムを応用し、着座から立ち上がりまでの姿勢変化に追従」とあり、快適じゃないわけがない椅子です。

 

優しく包み込んでくれるかのごとし座り心地の良さ

レオパード先生は座る前はなんかとてつもない前傾姿勢なんです。

ものすっごい急斜面なんです。

gateway-3

 

「おいおい、こんな急斜面、誰が座れるかい!!」と、一瞬思うんですが、座ってみるとあら不思議!!

「シュコー」というダースベーダーばりの音を立てながら優しく迎え入れてくれるのです。

ヒトの骨格や筋肉のメカニズムを研究して作られた「ロボットレッグ」が搭載され、この「人を優しく包み込んでくれる感覚」を実現しているそうです。

レオパードに座ることで、まるでスタンドを得たような感覚にたまに錯覚させてくれるので、そのうち時間でも止めれちゃうと思っています。

 

リクライニング力がすごい

先ほど「リクライニング機能は個人的にすごい重要」とお伝えしましたが、僕がオカムラのレオパードをチョイスした理由の一つがリクライニング力の高さです。

オカムラのレオパードさんのリクライニング力はすごい。

(画像で伝えようと思ったんですが、伝わらなさすぎてあえなく挫折ww体感してわかるそのリクライニング力)

オカムラレオパードさんもこう言ってますよ。

レオパードさん
私のリクライニング力は53万です

 

口コミ

 

あなたもこれで座り革命

お金の使い方ってすごく大事だと思います。

特に我々個人事業主はけっこう稼いでいても税金でガツンともってかれて意外とお金が手元に残らない(僕も年1,500万くらいは稼ぎますが、税金とかでそれでもけっこうシビアよw)という・・。

だからこそ、お金をつかうべきところにつかい、つかわないところにはつかわないという意識が大事かと。

で、椅子はつかうべきところかと。

 

15万って聞くとビビるかもしれませんが、冷静に考えてください。

風俗が好きな人は5回くらい我慢すれば15万くらい貯まっちゃいます。

女の子とイチャイチャして一時の快楽を得るためにお金をつかうのではなく、13年間という長い時間を良質なものにするためにお金をつかってみませんか??

 

そして、起こしましょう!!

スクリーンショット 2017-08-13 20.09.08

 

ブログで発信して自己実現(お金を稼いだり、自分の想いを体現したり)する方法をLINE@で毎日配信中!ちなみに、購読者の中から月収数十万単位の人は続出しております!

友だち追加

 

Twitterのフォロワーも激しく募集中!!

スポンサーリンク

当サイトおすすめのASP

初心者にも丁寧に対応してくれる当サイトおすすめのASPです。これからアフィリエイトを始める方はぜひご登録を!招待コード「P6a2MYQj」 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です